お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

ブライダルメイクの基礎!極上の花嫁姿を実現するポイント

ブライダルメイクの基礎

結婚式で花嫁がするメイクのことを「ブライダルメイク」といいます。通常のメイクと何が異なり、何に気を付ければいいのか気になりますよね。

この記事ではブライダルメイクの基本知識や、うまくいくコツについてもまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ブライダルメイクが「濃い」3つの理由

ブライダルメイクが「濃い」3つの理由

ブライダルメイクは通常のメイクに比べて「濃いめ」に仕上げるのが特徴です。どちらかと言えば一般的にはナチュラルメイクが好まれる傾向にあり、濃いメイクをするのは抵抗があるという方もいるかもしれません。

ブライダルメイクが濃いめに仕上げられるのには、実はきちんとした理由があります。主な理由を3つにまとめました。

ドレスや会場の華やかさに合わせるため

結婚式は一生に一度あるかないかの晴れの舞台ですから、ドレスも会場も華やかにするのが一般的です。会場は見たこともない量の花で飾られ、チャペルや教会など非日常的な空間を使います。

ドレスに限らず花嫁の顔周りを飾るアクセサリーや髪飾りも、普段よりゴージャスなものを使う傾向にあるので、通常のメイクではどうしても物足りなく感じてしまうでしょう。

そのため、華やかな会場やドレスアップにあわせた、まるで舞台女優のような濃いめのメイクがブライダルメイクとして推奨されているのです。

写真でも遠目に見ても美しく見せるため

濃いめのメイクの利点は、写真で撮ったときに遠目に見ても美しく見せることができる点です。結婚式ではプロのカメラマンはもちろん、友人知人からのカメラも向けられる機会の多いイベントです。特別な日の新郎新婦の姿を写真におさめておきたい、という方は多いでしょう。

近くで写真が撮るのもいいですが、ドレスの全体像や会場の華やかさも一緒に写真におさめたいと思うと、どうしても少し間隔のあいたところから写真を撮ることになります。

通常と同じメイクだと、遠目に見たときに顔がぼんやりとしてしまうでしょう。濃いめのブライダルメイクは、どこから見ても花嫁を美しく見せるための工夫なのです。

長時間もたせるため

結婚式当日は、どうしても長丁場になります。結婚式に続いて披露宴、二次会と続きますが、その間花嫁がメイクを直すために何回も席を外すわけにはいきません。

またブライダルメイクをプロに依頼した場合、式の最中にプロが何回も直しにくるわけにもいかないので、メイクの仕上がりを長時間保つためにブライダルメイクは濃いめに仕上げられるのです。

ブライダルメイクは自分でしてもいい?

ブライダルメイクは自分でしてもいい?

濃いめにするだけなら、自分でもブライダルメイクはできるのではないかと思う方もいるでしょう。もちろん、ご自身で普段からメイクに自信がある方も、お金をかけてプロに依頼するよりは自分でやってしまいたい、という方も少なくないでしょう。

ブライダルメイクは、自分でしてもいいものなのでしょうか。ブライダルメイクをプロに依頼したときと自分でやったときの違いについても触れています。

自分でメイクする花嫁も増えている

近年はブライダルメイクも自分でする、という花嫁は少なくありません。自分を最も美しく見せられるメイクの仕方は、自分が一番よく知っている、と思うからです。

花嫁自身のメイクに関する知識が一般的な場合、厳密にいえばブライダルメイクと通常のメイクは異なるため、セルフメイクするよりはプロに任せたほうがいいでしょう。

しかし、人によってはブライダルメイクのプランナーよりもメイクの技術に長けていたり、海外の花嫁で現地の風習にあったメイクがプランナーには実現できなかったり、ということもあるようです。

その場合、プロにブライダルメイクを依頼するよりは自分でメイクしたほうが早いといえるでしょう。

気になるポイントだけセルフで

どうしてもセルフでブライダルメイクをしたいという方は、気になるポイントだけセルフでメイクすることをおすすめします。ベースメイクをプロに依頼するだけでも、ブライダルメイクの仕上がりや持ちの良さが異なります。かつ自分らしさも演出できるので、満足のいくメイクに仕上げることができるでしょう。ぜひ検討してみてください。

うまくいくブライダルメイクのコツ

うまくいくブライダルメイクのコツ

ブライダルメイクをセルフでおこなってもプロに依頼しても、自分の納得のいく仕上がりにならなかった、という事例もちらほら見られます。せっかくの晴れの舞台にメイクが決まらないと、女性は気分がふさぎこんでしまうかもしれません。

ブライダルメイクを成功させるには多少のコツが必要なので、中でも3つのポイントをお伝えしましょう。

肌の調子を整える

ブライダルメイクに備えて、肌の調子はいつも以上に気をつかっておきましょう。プロにブライダルメイクを依頼するうえでも、一部のポイントメイクは自分でやるのだとしても、もともとの肌の調子をよくすることでメイクのノリが異なります。ブライダルメイクをより効果的に美しく見せるだめにも、肌の調子は整えておきましょう。

事前にイメージをしっかりと伝える

プロにブライダルメイクを依頼しても、仕上がってみるとイメージと違った、という意見もあります。プロといっても明確なイメージや細かいところのすり合わせがなければ、完璧にイメージ通りのメイクをすることはできません。

自分の強いこだわりがあるのなら、事前にイメージをしっかりと伝えて、仕上がった後のギャップがないようにしましょう。

メイクのリハーサルをする

イメージ通りのメイクにするために、事前にリハーサルしておくのもポイントです。例えばアイメイクだけは自分でこだわりたい、とセルフメイクにしてみたものの、ウォータープルーフを使っているから大丈夫、と思っても、いざ本番で泣いてしまったときにアイメイクがダメになってしまった、という体験談もありました。

本番でのいろんな場面を想定して、メイクを長く美しく保てるように可能であればリハーサルしておくことをおすすめします。

「2人で結婚式」ならブライダルメイクもセット

「2人で結婚式」ならブライダルメイクもセット

ブライダルメイクの意味やコツを理解できても、どこに依頼したらいいのかわからない、という方は多いでしょう。業者を選ぶのにもそんなに時間をかけたくない、という場合はぜひ、「2人で結婚式」の利用を検討してみてください。

シンプルな結婚式に特化した「2人で結婚式」では、ブライダルメイクもセットで選ぶことができます。

ほぼすべてのプランにメイクがセット

「2人で結婚式」のプランには、当日の司会進行や会場セッティングのほか、ドレスアップやメイクもセットになっています。

プランを選ぶだけで結婚式に必要な準備がすべて整うので、どこの料理にしようか、ブライダルメイクはどこに依頼しようか、と細かいところで悩む必要がありません。メイクの仕上がりにかかわらず、追加料金が発生することもないのも魅力です。

オプションでハリウッドメイクも可能

より洗練されたメイクを希望する場合は、オプションでハリウッドメイクをプラスすることができます。「2人で結婚式」の公式ページではオプションプランの選択肢が記載されているのみですが、「2人で結婚式」ではオンライン相談も受け付けています。詳しい内容について知りたいのであれば、オンライン相談で聞いてみるといいでしょう。

ブライダルメイクで自分史上最高の一日に

ブライダルメイクで自分史上最高の一日に

ブライダルメイクについてまとめました。

ブライダルメイクは結婚式やドレスの華やかさに合わせ、濃いめにメイクするのが特徴です。セルフでブライダルメイクをすることもできますが、プロのメイクにプラスでワンポイントのみ、セルフでメイクするのがベストといえるでしょう。

ブライダルメイクに備えて肌の調子を整えたり、事前にイメージを明確にしたりと、自分でも可能な限り事前準備をすすめておくことが重要です。

メイクがうまくいけば、自然に女性の心は弾むものです。ブライダルメイクを成功させて、自分史上最高の一日を実現させましょう。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.