お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

食事会形式の結婚式が人気な理由とは?概要や特別感を出す演出も

最近、人気が高まっている結婚式のスタイルとして「食事会がメインの結婚式」があります。
一般的な式とは違い身内などの少人数で集まり、和やかな雰囲気でおこなわれるのが特長です。

本記事では食事会形式の結婚式について、その種類や人気の理由、特別感を出す演出方法などをご紹介します。

食事会中心の少人数結婚式が流行っている

食事会を中心に小規模で開催する結婚式スタイルが、近年注目を集めています。
互いの家族や親族のみが集まり、食事や両家の会話を楽しみながら2人の結婚を祝います。

食事会中心の結婚式には、主に以下に2つのパターンが見られます。

・挙式+食事会のスタイル

・食事会のみのスタイル

各形式の概要や会場選びなど、それぞれの特長を見ていきましょう。

挙式+食事会のスタイル

1つ目は少人数の挙式を行った後、食事会を行うパターンです。
食事会は結婚式場に付属のレストランで行う場合もあれば、別途レストラン・料亭を予約することもあります。

披露宴をメインとしないため、派手な演出やスピーチ・余興といった項目がなく、控えめで費用が比較的安く抑えられる点が魅力です。
また「あまり人前に出たくない」「親しい人だけで落ち着いて式を挙げたい」というカップルにも人気があります。

食事会のみのスタイル

2つ目は同じく互いの家族・あるいは親族を中心に、食事会のみを行うパターン。
こちらはよりリラックスした雰囲気で、会話を中心に式を楽しみたいというカップルにおすすめです。

衣装に関しても男性側がスーツ・女性側がワンピースを着用するなど、一般的な結婚式に比べてカジュアルなパターンが多く見られます。
また会場は一軒家の料亭や高級ホテルの一室を貸し切るなど、和やかなムードで落ち着いて食事を楽しめる場所を選ぶケースが一般的です。

食事会形式の結婚式が人気の理由

一般的な結婚式のスタイルといえば、挙式に始まり披露宴や二次会といった、多くの人を招待して行う大規模なものをイメージされる方も多いでしょう。
一方で近年は食事会をメインとする、小規模で穏やかな雰囲気の式を挙げるカップルも少なくありません。
では、なぜ食事会形式の結婚式人気が高まっているのでしょう?以下にて理由を見ていきましょう。

費用が安く済む

食事会を中心とした結婚式の大きな特長として、価格帯を安く抑えやすいことが挙げられます。
一般的な結婚式では「会場代」「衣装代」「食事代」「演出代」といった様々な費用が発生するため、高額な資金が必要。実際、2020年時の「結婚式にかかった総額費用」の平均は「362.3万円」と、決して安い金額ではありません。

一方、少人数で行う「食事会メイン」の結婚式では、大規模な式場の予約や派手な演出などが必要ないため、工夫次第で費用を大幅に抑えることが可能です。
50~100万円程度の場合もあれば、とくに安いものであれば10~30万円程度に収まるプランもあるようです。

「結婚式の費用はなるべく抑えて、その分新婚旅行や家具・家電にお金をかけたい」などのカップルに丁度よいでしょう。

大人数の前で披露宴をする恥ずかしさがない

大人数のゲストの前で挨拶をしたり、注目されたりといった状況を「苦手だな」「恥ずかしい」と感じるカップルは少なくありません。
せっかくの式の場を余計な気遣いや緊張をせず、リラックスした気持ちで迎えたいという男女もいらっしゃるでしょう。

小規模開催の結婚式であれば、本当に親しい間柄の人たちだけに囲まれて式を挙げられるため、結婚式特有の心労や気疲れといった心配はほとんどありません。
気軽な雰囲気の中、食事を通じて親睦を深めたいという希望にぴったりです。

準備の期間や手間が削減できる

通常の結婚式を挙げる際には、1年ほど前から準備に取り掛かるといった話も珍しくありません。
招待状の送付や挙式場の手配、引き出物の用意など当日までには数多くの工程を必要とします。
場合によっては衣装合わせや式の演出の打ち合わせで、式場に何度も足を運ぶケースもあるでしょう。

一方で食事会メインの結婚式であれば、そういった準備や打ち合わせの手間を格段に軽減することが可能です。
式の準備に追われたくない、精神的・身体的な負担を減らしたいというカップルに人気があります。

食事会形式の結婚式おすすめの演出5つ

「食事会を中心とした結婚式であっても、思い出にはしっかりと残したい」「後で振り返った時、素敵な記憶に残る式にしたい」といったカップルも勿論いらっしゃるでしょう。
食事会をメインとした少人数の式であっても、演出次第で特別な思い出を作ることができます。
食事会形式の結婚式におすすめしたい、5つの演出をご紹介します。

招待状を送る

「身内だけなら招待状は送らなくていいや」と考えてしまいがちですが、せっかくであれば用意しておきたいところです。
招待状を送ることにより、ただの食事会ではなく「正式な式の場である」ことを、周囲も自分たちも認識できるためです。

式場に依頼するのもありですし、少し手間はかかりますが自分たちで手作りの招待状を用意するのもおすすめです。

ウェルカムスピーチを行う

食事会の冒頭に、新郎新婦からのウェルカムスピーチを設けるのもおすすめの演出です。
2人からゲストに挨拶や感謝の気持ちを述べることで、場の雰囲気をビシっと引き締めることができるためです。

あらかじめ簡易的なプログラムなどを用意し、スピーチの段取りを設けておくとより自然な流れで挨拶の場を設けることができるでしょう。

新郎・新婦の服にこだわる

新郎新婦の衣装にこだわるだけでも、ただの食事会とは一味違った雰囲気に仕上げることができます。
「食事会だけのスタイルか」「挙式・食事会ともに行うのか」によっても異なりますが、純白のドレスやピシッとしたスーツスタイルで決めれば、一気に結婚式のムードを演出できるでしょう。

ゲストにもあらかじめ「どういった服装で来てほしいか」を伝えておくと、場に統一感を持たせることが可能です。

ウェディングケーキを用意する

ウェディングケーキを用意しておくのも、結婚式らしい演出としておすすめの方法です。
華やかなケーキが会場に現れることで、式の雰囲気をパッと明るくすることができます。

万が一、会場での用意が難しかったとしても「ケーキの持ち込み」ができる場合もあります。
事前に会場に相談し、様子を見て運んでもらうなどの演出をお願いしておけるとベストです。

写真撮影を行う

新郎新婦だけ、新郎新婦とゲストなど複数パターンの写真も思い出として撮影しておきましょう。
式の後にお礼として配布すると、ゲストにも喜んでもらえますよ。

また写真撮影を行うことで、会に参加できなかった友人や会社の人にも、自分たちの式の様子を見てもらうことができます。
事前に会場のスタッフに、写真撮影まで頼んでおくとスムーズな記念撮影が可能です。

結婚式の食事会を工夫次第で素敵な思い出に

今回はいま話題の「食事会中心の結婚式」をテーマに、その種類や食事会メインの式が選ばれている理由・式をより良く演出するための方法などをご紹介しました。
食事会形式のスタイルを取ることで、親しい間柄の人だけに囲まれた、落ち着いた雰囲気の式を設けることができます。

また価格や準備の手間を軽減できるといったメリットもあります。
気になった方は、ぜひ小規模な食事会メインの式を検討してみてはいかがでしょうか。

また「2人で結婚式」サービスでは、2名~30名ほどの小規模で思い出に残る結婚式のサービスをご提供します。
身内だけで和やかな会を送りたい、2人きりで式を挙げたいなど、お2人の希望に沿って結婚式~食事会までをサポートさせていただきます。

ぜひシンプルかつ思い出に残る「2人で結婚式」のプランを覗いてみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.