お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

みんなの婚約期間はどれくらい?期間中にしたい結婚準備をご紹介

婚約期間

プロポーズを受けたら、入籍するまでの間は婚約期間です。ただ婚約期間は人によってそれぞれ異なるため、どのくらいの期間を設けるべきか悩むカップルも少なくありません。そこで今回は、一般的な婚約期間を見ていきましょう。

婚約期間の平均はどのくらい?

婚約期間の平均はどのくらい?

交際相手からプロポーズを受けて、実際にふたりが入籍するまでを婚約期間といいます。婚約期間は特に決まりがないため、どのくらいの期間を設けるべきか悩むカップルも多いです。

婚約期間は個人差がありますが、一般的に多い期間は半年~1年程度。ただ中には、2~3ヶ月と短かったり2~3年かけたりするカップルもいます。婚約期間によって過ごし方も変わるため、どのくらいの期間が適切か話し合うことが大切です。

婚約期間が短い場合は「2~3ヶ月」

結婚への意欲があり気持ちが高まっているカップルの場合は、プロポーズからできるだけ早く入籍したいと考える人もいます。ただ急に彼氏の異動が決まったり妊娠が発覚したりなどの理由で、式より先に入籍するカップルも多いです。

婚約期間に明確な決まりはないため、2~3ヶ月と短くても問題はありません。ただし、たとえ婚約期間が短くても身内や職場への挨拶、新居や結婚式の段取りなどは準備を進めておかないと後々問題に発展することもあります。問題なく進行ができるのかじっくり話し合いましょう。

一般的に多い期間は「半年~1年」

人気が高い結婚式場の場合は、半年先まで予約が埋まっていることも多いです。入籍と結婚式を同時に行いたいカップルは、余裕を持って半年~1年ほど婚約期間を設ける人も少なくありません。また、婚約期間中はお互いのことをもっと知ってより絆を深める時間にあてるカップルもいます。

半年~1年の婚約期間は一見余裕があるように思えますが、結婚式場の決定や段取り、新居探しなど準備しなければいけないことも多いため時間はあっという間に過ぎていくものです。役割分担を決めて計画的に過ごす必要があるでしょう。

婚約期間が長い場合は「2~3年」

目標額の貯金が貯まってから結婚したい人や海外留学中で超遠距離恋愛のカップルは、婚約期間が長くなることも多いです。婚約期間が長いこともあり、結婚式の段取りや両親への挨拶、新居探しなども余裕を持って準備を進められます。

お互いに結婚の意思が固ければ、婚約期間が長くなっても心配する必要はありません。しかし婚約期間が長いことに不安を感じている場合は、相手に今感じている気持ちを素直に伝えましょう。場合によっては婚約期間内に気持ちがすれ違い、それぞれの道を歩むことになるカップルもいるため注意が必要です。

婚約期間ごとのメリット

婚約期間ごとのメリット

婚約期間は結婚式の準備などに追われる時期ではありますが、プロポーズの余韻に浸りながら結婚に向けて心が弾むカップルも多いです。ただ一方で、婚約期間をどれくらい設けるべきか悩むカップルも少なくありません。婚約期間の長さはそれぞれ違いますが、ここでは婚約期間が長い場合と短い場合、それぞれのメリットを紹介します。

婚約期間が短い場合

婚約期間が短い場合、お互いの気持ちが熱いうちに入籍できます。プロポーズも受けたばかりであるため、高揚感を感じたまま入籍できることに「幸せ」と感じる女性も多いようです。またプロポーズのあとすぐに入籍すると、「いつ結婚できるの?」など不安を感じることもありません。

婚約期間が短いと相手の心変わりや浮気、婚約破棄のリスクを軽減できるのも女性にとって嬉しいポイントでしょう。

婚約期間が長い場合

婚約期間が長い場合は、結婚式の段取りや新婚生活の手配、両親や職場への挨拶など入籍までの準備をゆとりを持って進められます。特に仕事で時間が取れないカップルは、「結婚式の準備と仕事の両立が大変」と感じることも少なくありません。

心の余裕がなくなって口論したり喧嘩が増えたりするなど気まずくなることも少なくなるため、良好な関係のまま結婚式や入籍を行えるでしょう。

婚約期間にやるべき準備はある?

婚約期間にやるべき準備はある?

婚約期間中は、結婚式や新生活に向けてやるべきことがたくさんあります。計画的に準備を進めないと、後々大きな問題に発展してしまうこともあるかもしれません。ここでは、婚約期間にやるべき準備リストをわかりやすくまとめました。

婚約期間中の主な準備は、以下のとおりです

・両家の家に出向き挨拶する

・両家が揃う結納や食事会をする

・入籍日や結婚式について話し合う

・勤務先や友達に結婚報告をする

・結婚式場の下見や予約をする

準備リストを作成するなど漏れがないように、お互いに協力して準備を進めましょう。

両家の家に出向き挨拶する

交際相手からプロポーズを受けたら、まずはお互いの両親に挨拶に行きましょう。両親に結婚を認めてもらうことで晴れて婚約が成立します。両親への挨拶は、あまり時間を空けると印象が悪くなるため早めに段取りを組むのがベストでしょう。

訪問する順番は、女性の親から優先するのが一般的です。ただし実家が遠方にある場合は、了解を得れば男性の両親から挨拶を済ませても問題はありません。当日の服装やマナーにも十分に配慮して両親への挨拶を済ませましょう。

両家が揃う結納や食事会をする

お互いの両親への挨拶を済ませたら、結納や食事会をしましょう。結納は、両家が集まって正式に婚約を確認する儀式のことです。従来に比べ結納を交わすカップルは減っているものの、結納を行わないのは失礼だと考える両親もいます。

結納は必ず行わなければいけないものではありませんが、必ず両家に確認しておくことが大切。近年はカジュアルに両家顔合わせと題して食事会をする人も増えています。より手軽に両家の顔合わせをしたいなら、食事会も検討してみましょう。

入籍日や結婚式について話し合う

結納や顔合わせが済んだら、次は入籍日や結婚式の日取りを決めます。結婚式の日取りは、式場探しや招待客の決定、当日の衣装の打ち合わせなど準備しなければいけないことが多くあります。

準備期間が必要なことを念頭に置いて結婚式の日取りを決めましょう。また、結婚式はふたりのために行うものですが、両家の家族にも相談することがおすすめです。お互いのスケジュールも確認できるため問題が起こるリスクを下げられます。

勤務先や友達に結婚報告をする

入籍日や結婚式の日取りが決まったら、友達や勤務先に結婚の報告をします。勤務先に報告するときは、直属の上司に報告するのがマナー。結婚式に出席してもらう場合は、結婚式の3~4ヶ⽉前に伝えるのが望ましいです。

友達に結婚の報告をする場合は、直接伝えるのがいいでしょう。今はSNSなど簡単に結婚報告ができますが、より丁寧に伝えたいなら直接の報告や手紙がおすすめです。

結婚式場の下見や予約をする

理想の結婚式を挙げるために、複数の候補を上げて式場の下見をしましょう。結婚式場は画像で見るだけでは分からないことも多いため、やはり直接目で見て決めるのが大切です。お気に入りの式場を見つけたら、正式な予約申し込みをします。

予約申し込みをするときは、後々のトラブルを避けるためにも規約内容はよく確認しましょう。予約申し込みが完了したら、会場担当者と打ち合わせをして演出や引き出物、招待客の決定など具体的な結婚式の準備が始まります。

各店舗へはこちらから

婚約期間は人それぞれ!ふたりで話し合って決めよう

婚約期間は人それぞれ!ふたりで話し合って決めよう

婚約期間に明確な決まりはないため、期間の長さは人によってそれぞれです。一般的に多い婚約期間は半年~1年ですが、期間の長さはふたりでよく話し合って決めるのがいいでしょう。また婚約期間中は両親への挨拶や結婚式の準備などやるべきことも多いため、その点もしっかり踏まえて、余裕のある期間にするのをおすすめします。もし婚約期間における準備で不安なことや疑問点がある場合は、ぜひオンライン相談会に参加しましょう。

©2021 Simple wedding.