お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

ふたりだけの結婚式って?費用目安と人気の結婚式スタイル4選

ふたりだけの結婚式って?費用目安と人気の結婚式スタイル4選

結婚式は挙げたいけれど費用が気になる……こんな悩みを抱えるカップルは多いでしょう。そんなカップルは、ふたりだけの結婚式を検討するのはいかがでしょうか?結婚式は、親や家族など参列者を必ず呼ばなければいけないものではありません。

ふたりだけの結婚式は、参列者を呼ばないことで得られるメリットが多い結婚式です。ただ、具体的にどんなことが行えるのかわからないですよね。そこで今回は、ふたりだけの結婚式の特徴を紹介します。

ふたりだけの結婚式とは

ふたりだけの結婚式とは

それでは、まずふたりだけの結婚式の特徴や通常の結婚式との違いを紹介します。

親や親戚などゲストを呼ばない挙式

ふたりだけの結婚式は、親はもちろん家族や親戚、友人などを呼ばずに新郎と新婦で挙げる結婚式のことをいいます。結婚をお披露目する披露宴は行わず、挙式のみを行うことが特徴です。

挙式の流れは基本的に通常と同じ

ふたりだけの結婚式は、通常の挙式と同じ流れで行われます。入場に始まり、誓いの言葉や指輪の交換、誓いのキスの流れで挙式が進み、退場を経て結ぶことが一般的です。

通常の挙式とふたりだけの結婚式の流れに大きな違いはありませんが、入場が少し異なります。通常の挙式であれば、父親と新婦が腕を組んで一緒にバージンロードを歩くことが多いです。

一方ふたりだけの結婚式は、新郎新婦が一緒に入場したり、新郎が祭壇の前に立ち新婦がひとりで入場したりすることになります。しかし入場の演出は自由であるため、手紙を読むなど独自のアレンジを加えるカップルも。このように演出の自由度が高いこともふたりだけの結婚式の魅力でしょう。

ふたりだけの結婚式が選ばれる理由

ふたりだけの結婚式が選ばれる理由

親や家族、親戚などを呼ばずに挙げるふたりだけの結婚式は、何か物足りなさを感じないか不安な人も多いでしょう。しかし、ふたりだけの結婚式にはいろいろなメリットがあるのです。

結婚式の日程を決めやすい

ふたりだけの結婚式が選ばれる理由に、日程を決めやすいことが挙げられます。通常の結婚式であれば、親や家族など挙式に参列する人のことを考えて日程を決めなければいけません。

また参列者の数やアクセスの良さから、結婚式場の広さや会場を探す必要があります。すべての条件を満たそうとすると、希望の結婚式場がなかなか見つからず苦労することも。ふたりだけの結婚式なら、お互いの予定だけを考慮すればいいため日程や場所を決めやすくなります。

ハネムーンと合わせて行える

ハネムーンと合わせて挙式を行える点もふたりだけの結婚式を挙げることの大きな魅力です。通常の結婚式とは異なり、ふたりだけの結婚式では挙式を挙げる場所も新郎新婦で自由に選べます。

そのため、ハネムーンを兼ねて沖縄や軽井沢など、国内リゾート地で結婚式を挙げることも可能です。ハネムーンと結婚式を合わせて行えば、費用を大きく抑えられる点もメリットでしょう。

結婚式の準備に時間がかからない

ふたりだけの結婚式では、結婚をお披露目する披露宴は行いません。披露宴の準備に必要な招待客のリストアップや座席表の作成、引き出物の手配における準備を行う必要はありません。

招待客の数にもよりますが、通常の結婚式の準備には半年ほどかかります。一方で、ふたりだけの結婚式は3ヶ月ほどと準備期間が短め。社会人であれば平日は仕事で多忙なことも多いため、短い期間で結婚式の準備ができることは大きなメリットだといえるでしょう。

通常の結婚式に比べて費用が格安

ふたりだけの結婚式は、披露宴を行いません。披露宴にかかる費用が発生しないため、通常の結婚式に比べて費用を大きく抑えられます。ふたりだけの結婚式でかかる費用は、基本的に挙式費用や衣装代、ヘアメイク代にかかる部分のみ。

結婚式のスタイルによっては、20万円ほどで挙げられるものもあります。通常の結婚式は費用が多額で挙げられない……と挙式自体を諦めかけていたカップルにもおすすめです。

ふたりだけなら緊張しない

結婚式を挙げたいものの親や家族の前で誓いの言葉を言ったりキスをしたりするのは恥ずかしい……こんな悩みを抱える人は意外に多いものです。また結婚式は新郎新婦が主役ですが、みんなからの注目を集めるのは苦手と考える人もいます。

そんな悩みを抱える人におすすめなのが、ふたりだけの結婚式です。参列者がいないため、人の視線を気にせずに結婚式に集中できます。ふたりだけなら素直に感情も表現できるはず。

結婚式の人気スタイルと費用目安

結婚式の人気スタイルと費用目安

ふたりだけの結婚式は、通常の挙式と同じように様々なスタイルがあります。そこで、今人気を集める結婚式のスタイルを紹介します。費用目安も紹介しているため、ぜひ参考にしましょう。

沖縄や軽井沢など「国内リゾート地」

ふたりだけの結婚式で人気があるのは、沖縄や軽井沢、北海道など国内のリゾート地にあるチャペルで行う挙式です。通常の結婚式であれば参列者の移動手段が懸念される場所ですが、ふたりだけの結婚式なら心配する必要はありません。

リゾート地という開放感漂う地でふたりだけの結婚式を挙げられます。また、リゾート地なら結婚した後も頻繁に訪れられる点も人気の理由。結婚記念日に訪れることで、ロマンチックな一日を過ごせます。結婚式を挙げる時期や場所にもよりますが、挙式費用は10〜20万円ほどが相場です。

和装が希望なら神社で「和婚」

仕事が多忙など様々な理由で遠出することが難しい場合もあるでしょう。そんな場合は、近くの神社で挙式を行う和婚がおすすめです。神社の拝殿はふたりで挙式を行うときに最適な広さで、人の視線も気になりません。

また、お神酒を新郎新婦で交互に飲む「三献の儀」など和の儀式を体験できる点も和婚スタイルならでは。挙式料に加えて衣装代や写真代を含めて、費用は20万円ほどが目安になります。教会式とは異なる結婚式を楽しめるでしょう。

ゲストの負担が少ない「オンライン結婚式」

新郎新婦が式場や自宅から挙式を行い、その様子を配信することをオンライン結婚式といいます。ゲストはオンラインで参加するためわざわざ結婚式場に出向く必要はなく、遠方に住む人にも配慮できる点が嬉しいポイントです。

自宅から配信する場合は挙式代は0円で、衣装代やヘアメイク代だけかかります。無料配信ツールを使用する場合は、配信料もかかりません。式場から中継する場合は、プロのカメラマンによる中継になるため40万円ほどかかるのが一般的です。挙式料や衣装代、ヘアメイク代に加えて、オンライン配信の費用が発生します。

写真を残すなら「フォトウェディング」

フォトウェディングは、結婚式を行わずドレスや和装で写真撮影を行うことをいいます。挙式や披露宴は行わないため、手軽に挙げられる点もフォトウェディングの大きな魅力です。

「再婚で結婚式は避けたい」「妊娠中で結婚式を挙げられない」という人にもおすすめの結婚式スタイルになります。結婚式の費用は、5万円未満になることがほとんどです。なるべく費用を抑えて結婚式の思い出を残したい人にも適しています。

結婚式のギモンはオンライン相談会へ

結婚式のギモンはオンライン相談会へ

費用を最小限に抑えながら、結婚の思い出を作れるふたりだけの結婚式。挙式スタイルもフォトウェディングやオンライン結婚式など様々な方法があるため、予算や生活環境に合わせて選べます。ただふたりだけの結婚式をするにあたり、どこに相談すればいいかわからない人も多いでしょう。

そんな人は、「2人で結婚式」のオンライン相談会への参加がおすすめ。スマホやパソコンのビデオチャットを利用して、自宅にいながらプロに相談できます。仕事が多忙な人はわざわざ来社することが難しいことも多いため、空いた時間に気軽に相談できるオンライン相談会を活用してみてください。

2人で結婚式では、66,000円から挙式を受け付けており、Webから簡単に予約できます。オンラインによる打ち合わせも行っているため、今の時代にも最適です。ふたりだけの結婚式における疑問や不安を解消して、結婚式を挙げるか検討しましょう!

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.