お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

結婚式の人数はどれくらい?招待客の決め方のポイントをご紹介

結婚が決まりいざ結婚式を挙げることになっても、実際は何から始めたらいいのか、どのように決めていくのかなど、わからないことが多いのではないでしょうか。決めていくことはたくさんありますが、中でもみなさん頭を悩ませるのが招待客の人数ですよね。結婚式の雰囲気や費用などにも関わる招待客の人数を、スムーズに決めるためのポイントを紹介します。

結婚式の招待客の人数は?どうやって決める?

結婚式の準備を進めていく中で、招待する人数については多くのカップルが悩んでいます。どのようなつながりの人をどこまで招待するのか…。人数が決まればさまざまなことがスムーズに決まるでしょう。一般的な平均人数と決め方のコツを紹介します。

招待客の全国平均は66人

過去の結婚式の調査から、招待客の全国平均は66人という結果が出ています。「親族や友人、職場などさまざまな人を呼びたい」という場合は、これくらいの人数になるでしょう。しかしあくまでも平均人数であり、希望する結婚式や予算を基本にして人数を決めるカップルが多いようです。

誰を呼べばいい?決め方のポイント

招待客を大きく分けて考えると「親族」「友人」「職場関係」になる場合が多いでしょう。思い当たる人全員を招待したくても、会場の大きさや費用、ふたりが考える結婚式の雰囲気などによっては、人数を絞らなくてはならない場合もあります。そんなときのために、あらかじめグループごとに優先順位をつけておくことをおすすめします。

両家のバランスが悪いなら人数は揃えるべき?

結婚式に招待する人数がある程度決まり改めて確認すると、両家の招待人数に差があるということがあるかもしれません。その場合、両家それぞれが人数を調整してバランスを合わせるべきなのでしょうか。

結論からいうと、必ずしも揃える必要はありません。しかしなかにはお互いの家族や親族が納得しないこともあります。とはいえ、新郎新婦それぞれで親族・友人の人数や育った環境が違うので、人数に差があるのはごく普通にあることです。無理に人数を合わせる必要はなくても、両家ともにきもちよく結婚式を迎えられるように、家族には事前に報告・確認をしておくといいでしょう。

大人数?少人数?人数による3つの違い

結婚式は、招待客の人数によってさまざまな点で違いがあり、それを知っておくことは招待する人数を決めるうえでとても重要です。ここからは代表的な3つの違いを紹介していきます。

1.結婚式の会場

人数に適した広さの部屋がある会場を選ぶ必要があります。結婚式場やホテルではさまざまな広さの部屋があり、人数に関係なく比較的選びやすいです。しかし、広い部屋はその分料金がかかり、中には「何名から」と最低限の人数が決められている場合もあります。

少人数の場合は招待客との距離の近さがメリットでもあるので、小さめの部屋やレストランなどを選ぶのもいいでしょう。

2.結婚式の雰囲気

人数によって結婚式の雰囲気は大きく変わります。大人数の場合、身内以外に友人などさまざまな世代の人が集まり、楽しく賑やかな雰囲気になることが多いです。新郎新婦は、ゲスト全員が常に楽しく過ごせるようあらゆる演出を考え余興をお願いしたり、身内は招待客に挨拶して回ったりなどして休みなく過ごしていることもあります。

少人数の場合は親族のみの結婚式が多く、新郎新婦と招待客が一緒にゆったりとした時間を過ごすことができます。大人数とは違い、一人ひとりとの時間をとることができるので、アットホームな結婚式ができるでしょう。

3.結婚式の費用

大人数と少人数の費用を比較すれば、大人数の方が単純に費用はかかりますが、実際どのような違いがあるのでしょうか。

結婚式を挙げることで、人数の違いにかかわらず挙式や衣装などのいわゆる「固定費」は必要になります。その他は、料理や引き出物など、招待客一人ひとりにかかわる費用があります。

ご祝儀をたくさんいただけるという点では大人数の方がメリットがありそうですが、これは一概にはいえません。「より良いものを」と料理などをグレードアップすればその分費用がかかります。

一方、少人数では多く演出を組まずゆったりと過ごすことが多いため、その分費用を抑えることができます。しかし、少人数でも盛大な結婚式にしたいと演出などを増やせば、費用はかかります。費用については、人数よりどのような結婚式にしたいかで変わるので、しっかりふたりで話し合うようにしましょう。

「2人で結婚式」で夢のウェディングを

招待客の全国平均が66人という一方で、新型コロナウイルスの流行で結婚式を挙げることを諦めたカップルも少なくありません。しかしながら「少人数でアットホームな結婚式をしたい」というカップルも増えつつあることと併せて、これからは少人数結婚式というスタイルがごく一般的なものとして世間に浸透していくと思われます。必ずしも結婚式を諦めることはないのです。

ここからは、少人数結婚式を実現してくれる「2人で結婚式」というサービスを紹介します。

少人数だからできる!こだわり結婚式を実現

「2人で結婚式」は少人数結婚式を希望するふたりにとって、特にこだわりのあるふたりにぴったりのサービスです。「アットホームな結婚式」「会場にこだわりたい」「自由なスタイルの結婚式」など、さまざまなこだわりを実現してくれます。

クオリティーの高い厳選された会場を低価格で提供しているので、ウェディングスタイルの選択肢の幅も広がります。他にも「国内リゾート地」「和婚」「フォトウェディング」などのプランもあります。「2人で結婚式」なら、ふたりのこだわりが満載の結婚式を費用を抑えながら実現することが可能です。

価格が透明化されているので安心

式場を探している新郎新婦からは「事前に見積もり額を知っておきたい」という声が多く聞かれます。実際に式場へ足を運び、話を聞いてからでないと正確な金額がわからなかったり、Webなどで調べた情報と違うことが多いようです。いわゆる「結婚式費用の不透明さ」が新郎新婦の不安に繋がっています。

この不安を解消してくれるのが「2人で結婚式」です。結婚式にかかる費用がサイト上にすべて明確に表記されています。準備を進めていく途中で大幅に費用が増えることはないので安心です。

オンラインで準備が完結するのが嬉しい

従来の式場探しはいくつもの施設を見学に行き長時間にわたり話を聞く、というスタイルでした。「2人で結婚式」であればそのようなことに貴重な時間を使う必要はありません。「2人で結婚式」ではすべての手続きをオンラインで行うことができるのです。

会場の仮予約から申し込みまではもちろん、結婚式の打ち合わせもオンラインで行います。準備期間の中で式場に足を運ぶのはドレスの試着時だけ、その他の準備はオンラインで完結。なかなか時間がとれない場合や遠方のカップルにもとても嬉しいサービスです。

まずはオンライン相談会に参加しよう!

コロナ禍にある状況で外出自粛が謳われており、結婚式場探しにも影響が出ています。

「2人で結婚式」では、申し込み前のオンライン相談会も開催しており、会場の詳細に空き状況、見積もり作成など、すべての相談がオンラインで可能です。

一日にいくつも式場見学に行き、休日をすべて使って回っても結局どこに決めればいいのかわからなくなり難航してしまう…などという悩みが解消されるでしょう。

楽しく式場を探すなら、ぜひ一度「2人で結婚式」のオンライン相談会に参加してみてください。

 

相談予約はこちらから

 

ふたりらしい結婚式を叶えよう

結婚式には正解というものはありません。大人数のゲストに囲まれ華やかな雰囲気の結婚式もあれば、少人数の身内だけや友人との時間を大切にし感謝の気持ちを伝えるアットホームな結婚式など、さまざまなスタイルがあります。

それぞれに良さがあり、迷う新郎新婦も多いでしょう。また、このコロナ禍でどのようなスタイルを選ぶべきか悩まれているかもしれません。結婚式で何を一番大切にしたいのかをパートナーと考えて、そして、ふたりらしい結婚式をぜひ叶えましょう。

 

©2021 Simple wedding.