お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

親族だけの結婚式がしたい人必見!費用相場やメリットを徹底解説

親族や親しい人だけの少人数結婚式は、参加者が少ないからこそ一人ひとりに心をこめた対応ができ、各テーブルで過ごす時間を増やすことができます。「アットホームな空間を演出できる」「費用を抑えつつ素敵な式にできる」と近年人気のスタイルです。

そこで気になるのは、費用面ではないでしょうか。今回は、人数ごとの費用相場に加えて、メリットをご紹介します。少人数結婚式を検討しているカップルは、ぜひ参考にしてください。

【人数別】親族のみの結婚式の費用相場を紹介

まずは、親族のみの結婚式の相場をご紹介します。両親や親戚、子どもの人数で費用が変わるので、予定している人数と照らし合わせてチェックしましょう。イメージが浮かびやすくなりますよ。

10人程度の場合

10名程度の結婚式の場合、両家のご両親と新郎新婦、兄弟を含めると既に10人規模になるので両家の親睦会になるケースが多いです。また挙式の形式も複数あり、会場となる教会や神社によって費用が変わるため予算と照らし合わせて決めていきましょう。

10人規模では引き出物や司会者がつかないパターンが多く、衣装代のコストも抑えられます。会食費や挙式代を含めると約20~50万円が一般的です。

それぞれの好みにあったコース料理やギフトを用意する新郎新婦も多く、人数が少ないからこそ感謝が伝えやすい結婚式が実現できますよ。

20人程度の場合

特別な友人や親戚を招待すると約20人規模の結婚式になります。20人程度の結婚式は80万円前後が相場です。人数が増えるので会食費も人数分増え、10人規模と比べると会場のサイズも広くなるので、会場料金も高くなると予想しておきましょう。

ゲストとの関係性で多少の前後はありますが、衣装交換や特別な演出を考慮するとプラス20万円ほど予算に組み入れておくといいでしょう。

30人程度の場合

親戚の付き合いが多いと子どもや兄弟も増えるため、30人規模の結婚式になるケースも。その場合は、さまざまな追加費用がかさみ、費用の相場は100~150万円程度でしょう。追加費用の内容は、新郎新婦のお色直しの衣装代や引き出物代、司会などの依頼料です。

披露宴に近い内容になっていくので華やかな結婚式になりますが、同時に費用もかかりますので、予定している予算と照らし合わせて理想の結婚式にしましょう。

親族のみの結婚式のメリットと注意点とは

これまでの項目で大体の相場をご紹介しました。ここからは、親族のみの少人数結婚式を開催するメリットに加えて、注意すべきポイントを解説していきます。しっかりと把握したうえで、打合せや計画を進めていきましょう。

メリット 1:アットホームな結婚式を実現できる

少人数結婚式のわかりやすいメリットは、参加者と新郎新婦の距離の近さです。一人ひとりに対応する時間が多く、落ち着いた雰囲気で時間を過ごすことができます。

両家のご両親との距離も近いため、親睦を深めることにも繋がり、大人数と比べて緊張感も少なく食事や会話を楽しめるのが特徴です。

アットホームな雰囲気の中で日頃の感謝を伝えたり写真撮影の時間を設けたりすることで、メリハリのある結婚式になるでしょう。

メリット 2:派手な演出・準備がいらない

ご両親や兄弟といった身内だけの結婚式なので、大人数結婚式のように会場を沸かせるような演出はいりません。一人ひとりと大切な時間を共にすることで、有意義な時間を過ごせるでしょう。

少人数なので招待状の準備や引き出物選びも楽にできるのは、当事者にとっては嬉しいですね。また、席割についても両親と相談するだけで比較的楽に決めることができるので、悩む時間も少ないでしょう。

メリット 3:低予算でも開催できる

最小限の会場で開催できるため、会場費や人数分の会食費などのコストを抑えられるのもメリットのひとつ。セッティング料金や司会などのコストがかからないので、大人数結婚式と比べると費用を削減できるでしょう。

親族だけの結婚式では、低予算でも丁寧なおもてなしや引き出物に配慮できます。参加者との時間を大切にし、日頃の感謝の気持ちを伝えることが記憶に残る結婚式に繋がりますよ。予算面での事情もあると思いますが、工夫をすることで素晴らしい結婚式を開催しましょう!

注意点 1:盛り上がらない…を避けるための打ち合わせ

少人数結婚式で心配なのが、盛り上がりづらい雰囲気になってしまうのでは…という不安です。そうした不安を避けるために、しっかりと打ち合わせをするのがポイント。

少人数での結婚式では、参列者同士で会話をする時間が生まれます。会話だけでも素敵な時間を過ごせるでしょうが、全員が参加できるキャンドルリレーや両親と一緒にケーキ入刀するなど演出を挟むのもおすすめです。親族のみの結婚式らしさがでますよ。

少人数だからこそできるアットホーム感を大切にしながら、結婚式らしさが出る演出を工夫してみましょう。

注意点 2:招待しなかった人の線引きとアフターケア

ご両親から誤解されないために、まずはふたりの計画を伝えておくことが大切です。少人数や両親のみで開催したい場合、親しい友人や会社の上司、親戚になぜ呼ばれなかったのだろうと思われないために挨拶は忘れないでくださいね。

事後報告では相手にとって失礼になってしまい、トラブルになってしまいがちです。職場の人や親戚、親しい友人へ事前に説明をしっかりと交えて挨拶をしておきましょう。

「2人で結婚式」なら親族のみの結婚式にうってつけ

親族のみや少人数で結婚式を開催するイメージがわきにくい人もいるでしょう。「2人で結婚式」ではそんな不安を解消し、予算を抑えたプランを用意しています。

また、店舗に足を運べないカップルのために、オンラインで相談や予約が可能です。まずは空き時間を使って、どんなプランがあるのか確認してみましょう!

少人数結婚式にぴったりなプランを用意

「2人で結婚式」では、新郎新婦と両家のご両親のみでの開催にぴったりな、「挙式+会食プラン」を用意しています。オリジナル料理の提供や、専属スタッフによる手厚いサポートもつくため、結婚式を最高の思い出にできるでしょう。

さらに、兄弟などの追加人数の調整も可能で、自分たちの理想の結婚式に近づけることができます。アットホームな雰囲気の中でお食事を楽しみながら、ご両家との絆を深められるプランです。

親族+親しい友達といった自由なスタイル

2人で結婚式には、「新郎新婦2名+8名のプラン」もあり、家族と交流がある親しい友人を招待したスタイルも人気です。人数を追加することで友人を少し増やし、自分たちの理想の結婚式を実現してみるのもいいかもしれませんね。

フリードリンクプランもついているので、落ち着いた雰囲気で会話を交えることができるでしょう。進行や案内も専属スタッフが丁寧におこなうので、安心して当日を楽しめるプランです。

予約までをオンラインで完結できる

相談や予約までオンライン上でおこなうことができるのが「2人で結婚式」の魅力のひとつです。店舗や式場にいく時間がない場合や、来店して打ち合わせをしなければいけないことも全て自宅からオンラインでおこなうことができます。

足を運ばないとイメージがしにくい式場や準備についても、動画や写真を使って紹介してくれます。ビデオチャットを使い相談会も開いているので安心して挙式の検討ができるでしょう。

親族のみの結婚式ならまずはオンライン相談を

親族のみの少人数結婚式は、一人ひとりにゆっくりとおもてなしできるのが魅力です。大人数での結婚式にはない、少人数だからこそのメリットといえるでしょう。しかし、人数に応じた費用相場や式を盛り上げる演出など、悩みはつきませんよね。

「2人で結婚式」は、リーズナブルかつクオリティの高い、親族だけや少人数での結婚式にぴったりなプランを数多く用意しています。不安なことはオンラインで相談したり、自宅で打ち合わせしたりすることができます。まずは、オンライン相談会に申し込んでみましょう。

 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.