お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

【完全保存版】両親への手紙はどう書いたらいい?書き方のコツを紹介

「両親への手紙」は、結婚式では主に花嫁が必ず読み上げる、両親への感謝の気持ちを込めたメッセージです。

気恥ずかしいという人もいますが、近年では花嫁だけでなく新郎も読み上げることも増えてきました。結婚式で読み上げるのにふさわしい手紙にするにはどう書いたらいいのかわからない、という人も少なくないでしょう。

この記事では、両親への手紙の書き方のコツを徹底的に解説しました。しかし書き方を踏まえずとも、両親への手紙は自分の率直な感謝の想いを述べれば十分に立派な手紙になります。書き方はあくまでも参考として、手紙を書く時に気をつけてみてください。

両親への手紙の基本的な書き方

両親への手紙に基本的なフォーマットのようなものはありませんが、結婚式で読み上げることを想定したときに読みやすく、聞き手も聞きやすくなる書き方の型のようなものがあります。

3部構成で書く

文章はわかりやすく3部構成にしましょう。「書き出し」「エピソード」「結び」をベースに作成するのがおすすめです。内容がまとまりやすくなり、伝わりやすくなります。

書き出し

「書き出し」は導入部分なので、短くまとめるのがポイントです。書き出しが長くなってしまうと退屈になってしまうので注意しましょう。はじめは「お父さん、お母さん」と両親に呼びかける言葉や、会場に来ているゲストへの感謝の言葉ではじめるのが一般的です。

「この場を借りて両親への手紙を読ませていただくことをお許しください」「感謝の気持ちを込めて手紙を書いたので、聞いてください」というように、これから手紙を読むことを断る一文を入れましょう。

エピソード

「エピソード」は手紙のメインパートになります。聞いている人が共感できるような具体的なエピソードをまとめるといいでしょう。小さい頃の思い出や両親の尊敬しているところ、自分と似ているところなどをピックアップするのがおすすめです。お父さんとのエピソード、お母さんとのエピソード、それぞれあるとより良い内容になります。

自分ではなかなか思いつかないと思ったら、兄弟や親戚に聞いてみたり、実家のアルバムを見返してみたりして探してみると、手紙に書けるようなエピソードがどこかしらに残っているはずです。

内容を盛り込みすぎてもわかりにくくなってしまいますが、かといってシンプル過ぎてもそっけない印象になってしまうので、文章の長さには充分注意が必要です。

結び

ラストの「結び」はこれまでのエピソードの内容を踏まえつつ、両親への感謝の気持ちとこれからの抱負についてまとめましょう。結びの部分を2つにわけて書くのもおすすめです。

最初の結びに両親への感謝の気持ちと抱負、後半の結びに会場にいるゲストへの感謝を述べるという構成にすると、両親にもゲストにも喜ばれます。自分だけでなくお相手の両親への感謝の気持ちも述べるとベストです。

両親がいなければ今の自分はなく、お相手に出会えることもなかったことを思えば、自然と両親への想いがそのまま言葉になるでしょう。

600~800字程度がベスト

手紙の文字数は600~800文字程度がベストだと言われています。1,000文字くらいになると、話し方を工夫しなければ聞いているほうが退屈してしまうかもしれません。しかし短くてもあっさりとしすぎていて、少々物足りなさを感じてしまうでしょう。600~800文字程度であればゆっくり話すと3分程度なので、適切な長さといえます。

書き終わったら、実際に音読してどれくらいの長さになるのか試しに時間を計ってみましょう。本番はどうしても緊張して早口になってしまう可能性が高いので、事前の練習ではゆっくり過ぎるくらいでベストです。ゆっくり話すときの速度感や間を体で覚え込み、自然と練習通りの力を発揮できるようにしておきましょう。

両親への手紙を書くときの注意点

両親への手紙を書くときに注意しておきたい点をまとめました。書き始めるときのチェックポイントとしても活用してみてください。

時間をつくって伝えたいことを整理する

手紙を書くときは、書き始める前に時間をしっかりとつくり、伝えたい内容を整理しましょう。いくら3部構成にしていても、何も考えずに書き始めてしまうと情報が多すぎてしまったり、話の内容が飛躍したりしてまとまりのない文章になってしまいます。

焦って考えると、あれもこれもと内容に盛り込みたくなったり付け足したくなったりもするでしょう。大切な両親への想いを伝える手紙なので、じっくりと時間をつくってゆっくりと内容を考えてみてください。

冒頭に謝辞をプラス

手紙の冒頭に「本日はご多用のところ、私たちの結婚式に列席くださいまして、ありがとうございます」というような謝辞を述べるといいでしょう。会場に来ているゲストも自分ごととして両親への手紙を聞きやすくなるでしょう。

NGワードに注意

両親への手紙の中で、結婚式で使用するのはNGとされている「忌み言葉」を使わないように注意しましょう。やってしまいがちなのが、別れを連想させる言葉の代表格である「切る」です。うっかり「新しいスタートを切る」としてしまいがちですが、「新しいスタートに立つ」と言い換えるのがいいでしょう。別れを連想させる言葉としては、他には「去る」「離れる」「飽きる」「捨てる」「冷める」などがあります。

再婚を連想させる「繰り返し」の言葉もNGです。「戻る」「再度」「二度」なども注意が必要で、たとえば「繰り返しますが」と言いたいときは「先ほども申し上げましたが」を使うようにしましょう。

「終わる」「倒れる」「病む」「消える」「流れる」などの不幸を感じさせる言葉にも注意です。「忙しい」も「心を亡くす」と書くため不幸を連想させると言われています。「お忙しいところ」ではなく「ご多用のところ」を使うようにしましょう。

両親への手紙を人前で読むのは恥ずかしいとき

結婚式のしきたりとして、両親への手紙を人前で読むのはよくあるシチュエーションですが、人前で読むのはどうしても恥ずかしい、感極まって号泣してしまったらうまく話せないと思ったときの解決方法が2つあります。

手紙ムービー

近年ではオンライン結婚式が増えてきた影響もあり、両親への手紙をムービーにして式で流すというスタイルも増えてきています。思い出の写真や映像を背景に自分のメッセージを流すことができたり、お気に入りのBGMを背景に映像を流したりすることもできるので、両親への想いをこめたムービーをつくってみるといいでしょう。

2人で結婚式

大人数の前で読み上げるのは恥ずかしい、という人は少人数の結婚式ができる「2人で結婚式」のサービスを利用してみるといいでしょう。2人だけの結婚式プランだけでなく、身内やごく少数の知人だけを招くことができる少人数の挙式のプランもあるので、限られた少人数の前だけで両親への手紙を読み上げられます。

両親への手紙で感謝の気持ちを伝えよう

両親への手紙の書き方についてまとめました。両親への手紙は大切な両親への感謝の気持ちを込めた大切なメッセージです。伝えたい想いがたくさんあるからこそ、手紙の構成や言葉遣いなど、細部に注意を払って手紙を書くようにしましょう。

 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.