お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

結婚式の誓いの言葉は人前式と教会式で異なる!例文や返事の仕方をご紹介

結婚式の重要な儀式となる誓いの言葉。友達や親族の結婚式で思わず感動した経験がある人も多いかもしれませんね。ただ、いざ自分の結婚となると誓いの言葉をどのように構成すればいいかわからない人も多いでしょう。そこで今回は、誓いの言葉の例文や返事の仕方を紹介します。

結婚式における誓いの言葉って?

誓いの言葉とは、結婚式に参列してくれたゲストの前でふたりが夫婦になる誓いを言葉にすることを言います。教会式や神前式では神様に誓いの言葉を言いますが、宗教色がない人前式ではゲストに向かって誓いを立てるのが通常です。

また、教会式では流れが決まっているので、その形式に基づいて誓いを立てます。一方、人前式は誓いの言葉に決まりはなく、新郎新婦は自由に構成を立てられるのが大きな特徴です。一生に一度の大事な約束事としてはもちろん、ゲストに楽しんでもらえる演出を考える人も多くいます。

教会式の誓いの言葉と返事の仕方

神様に誓いの言葉を述べる教会式。そんな教会式を選んだ場合、神父さんの問いかけに返事する流れになるのが一般的です。ただ、神父さんの問いかけは各人によって多少異なることも。また、日本語と英語の問いかけでも返事の仕方は異なるので、ここでは大まかな流れを見ていきましょう。

日本語の場合

日本語で神父さんに問いかけられた場合、新郎新婦は「はい、誓います」と返事をしましょう。実はこの言葉以外に新郎新婦は選択する余地はなく、神父さんからどんな問いかけをされても「はい、誓います」と返事をすれば問題ありません。

英語の場合

海外で結婚式を挙げる場合は、英語で問いかけられるケースがあります。この場合、新郎新婦は「Yes, I do」と返事をしましょう。日本語と同じように「Yes, I do」以外の返事の仕方はないので、たとえ英語が苦手だったとしても不安に感じることはありません。

神父と牧師の違い

教会式では、神父さんではなく牧師さんが問いかけを行ってくれる場合があります。存在を混同している人も多いですが、実は神父さんと牧師さんは少し異なる存在なのです。

キリスト教は、「カトリック教」と「プロテスタント教」に分かれています。前者を「神父」後者を「牧師」と呼んでいるのです。日本で行われる多くの挙式は牧師さんが担当しています。しかし神父さんであろうと牧師さんであろうと、返事の仕方に大きな違いはないので安心しましょう。

人前式における誓いの言葉のパターン

教会式とは異なり人前式では誓いの言葉を自由に構成できます。自由に考えられるからこそ、構成に悩む新郎新婦も少なくありません。

誓いの言葉の基本的な構成は、「ゲストへの挨拶」「誓いの言葉」「結びの言葉」になります。ただ誓いの言葉のパターンはいくつかあるため、構成するときの参考にしましょう。

ふたりで一緒に誓いの言葉を読む

ゲストへの挨拶・誓いの言葉・結びの言葉をふたりで一緒に読み上げる方法があります。誓いの言葉はふたりで考えて用意しておきましょう。新郎新婦によっては、結婚における約束事を箇条書きにして一緒に読み上げるふたりもいます。箇条書きにすれば、息も合わせやすいでしょう。

ひとりずつ誓いの言葉を読む

ゲストへの挨拶や結びの言葉をなくし、お互いへの気持ちを誓いの言葉として伝える方法もあります。誓いの言葉と共に普段は恥ずかしくて言えない感謝の気持ちを交えれば、思い出に残る誓いの言葉になるはずです。今後夫婦となるふたりの絆もより一層深められるでしょう。

各自とふたりで誓いの言葉を読む

誓いの言葉をお互いに言い合い、ゲストへの挨拶や結びの言葉はふたりで読み上げる方法もあります。流れとしては、まずはふたりで一緒にゲストに挨拶をしましょう。そのあと、新郎新婦それぞれが誓いの言葉を言います。結びの言葉は、またふたりで一緒に読み上げるのです。

立会人や友人から問いかけてもらう

人前式の誓いの言葉は、通常ゲストに向かって誓いを言葉にします。ただ、立会人や友人から問いかけてもらい、それに答える形で誓いの言葉を述べるのもひとつの方法です。教会式と同じように「はい、誓います」と返事するだけなので、オリジナルの誓いの言葉を述べることを恥ずかしいと感じる人に適しています。

参列者を楽しませる面白いアイデア

人前式は神父さんや牧師さんからの問いかけがないからこそ、オリジナルの構成を考えられます。中には、ゲストを楽しませるための独創的な構成を考えて誓いの言葉として述べる新郎新婦もいるほどです。そこで、結婚式に参列してくれる人を楽しませる面白いアイデアを紹介します。

結婚生活における約束を盛り込む

誓いの言葉は、「幸せな結婚生活を送ろうね」など抽象的な内容になりがちです。他にはない面白い誓いの言葉にするなら、もっと具体的にして約束事を述べる方法もあります。

【新郎】

・愛する妻のために料理を覚え、一週間に一回は夕食を作ることを誓います

・もし妻が落ち込んでいるときは、全力で笑わせることを誓います

【新婦】

・夫に愛されるために今の体重より増えないように体型を維持することを誓います

・朝が苦手な私ですが、毎日夫より早く起きてお弁当を作ることを誓います

誓いの言葉を箇条書きにする

誓いの言葉を箇条書きにして「誓いの言葉〇〇箇条」などの構成にするのはいかがでしょうか。例えば、夫婦間での約束事を決めてゲストの前で披露するのです。結婚式で披露することで、ゲストが保証人となってくれます。面白フレーズを盛り込めば、特別な誓いの言葉になるでしょう。

【誓いの言葉三箇条】

・決して隠し事はせず正直であることを誓います

・思いやりを忘れず支え合うことを誓います

・喧嘩したときは、「ごめんね、愛してるよ」とお互いに言い合って仲直りすることを誓います

両親への感謝の気持ちを含める

人前式では両親への手紙を省くことがあります。結婚式という大きな節目だからこそ、今までの感謝を両親に伝えたいですよね。ただゲストの前で素直に伝えるのは恥ずかしいと感じる人も少なくありません。そんなときに活躍するのが、誓いの言葉に両親への感謝の気持ちを含めることです。

【例文】

お父さん、お母さん、これまで大切に育ててくれてありがとう。これからも甘えることもあるかもしれませんが、夫婦ふたりで支え合い、温かい家庭を築いていくことを誓います。

あいうえお作文で誓いの言葉を作る

ユーモアのある誓いの言葉にしたいなら、あいうえお作文で構成する方法もあります。例えば、新郎新婦の名前が「トモキ」「マイ」なら、ふたりの名前を合わせた「トモキマイ」を頭文字に誓いの言葉を作成するのです。

【例文】

・トもに支え合うことを忘れず

・モめるようなことがあってもすぐに仲直りし

・キちんと感謝の気持ちを伝え合い

・マんめんの笑みが溢れる家庭を築くことを

・イつまでもずっと忘れません

プロポーズを誓いの言葉にする

プロポーズを誓いの言葉にするのもおすすめの方法です。プロポーズは本来、ゲストがいる前で披露するものではありません。中には、親や親戚、友達がいる前でプロポーズするのは恥ずかしいと思う人もいるでしょう。ただ、ふたりの愛の深さを伝えられる絶好のチャンスです。思い出に残る結婚式にしたいなら、一度検討してみましょう。

【新郎】

交際して2年が経ちました。今でも変わらず、〇〇の笑顔に癒されています。これからもその笑顔を私だけに見せてください。

【新婦】

付き合って2年が経ちましたね。時には喧嘩をすることもあったけど、今も変わらずあなたのことが大好きです。これからもずっと一緒に居ようね。

不安ならオンライン相談会に申し込もう!

人前式では、誓いの言葉を新郎新婦が自由に決めることができます。ただ自由に決めていいからこそ、どのように構成を作成すればいいか悩む人もきっと多いはずです。もし不安を感じるなら、ぜひ「2人で結婚式」のオンライン相談会にご参加ください。今不安に感じていることをお伺いし、解決策を提案させていただきます!

 

相談予約はこちらから

©2021 Simple wedding.