お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

女性が感動するプロポーズの言葉とは?避けたい言葉と注意点

これから恋人にプロポーズをする予定がある男性は「ちゃんと気持ちを相手に伝えたい」「成功させたい」と色々考えるでしょう。
しかし、成功に導くための言葉を1人で考えるのは難しいですよね。

この記事では、プロポーズの言葉、タイミングなどをまとめて紹介します。
婚約指輪の必要性とプロポーズの注意点も解説するため、プロポーズの参考にしてください。

喜ばれるプロポーズの言葉とその理由

プロポーズをする際は、恋人が前向きな気持ちになってくれるような言葉を選びたいものです。
また、プロポーズは女性が夢見ている瞬間なので、一生忘れられないような感動するシーンにしたいでしょう。
そのため、プロポーズをどんな言葉を言えばいいかは迷ってしまいがちです。迷っている人に向けて、喜ばれやすいおすすめの言葉とその理由を確認していきましょう。

「結婚してください」などシンプルな言葉を

プロポーズの際には、あれこれと伝えるよりも「結婚してください」などのシンプルでストレートに伝わる言葉が喜ばれやすいです。

このほかにも、下記のような言葉も喜ばれるでしょう。

  • 「これからもずっと隣にいてください」
  • 「一生大切にします」
  • 「⼀⽣かけて幸せにします」
  • 「幸せな家庭を一緒に築きましょう」
  • 「生涯の伴侶になってください」
  • 「おじいちゃんとおばあちゃんになるまで、一緒にいてください」

どれか一つではなく、これらの言葉を組み合わせて伝えるのもおすすめです。

ストレートな言葉が喜ばれる理由とは?

ストレートな言葉が喜ばれる理由は、真っ直ぐな気持ちを真剣に伝えてもらえたと感じられるからです。
シンプルな「結婚してください」「一生幸せにします」などの定番の言葉は、昔から夢見ていた憧れのセリフを言ってもらえたという喜びもあります。
また、一生や結婚というキーワードは相手の覚悟を感じられるため、感動されやすいです。
軽々しくは言えない言葉であるからこそ、プロポーズを受けた相手側にも覚悟がうまれます。

プロポーズ時に避けるべき言葉3選

シンプルなプロポーズの言葉が喜ばれやすいと紹介しましたが、ひと味違ったユニークな言葉にしたい方もいるでしょう。
相手の好みによってはおもしろく伝えるのもいいでしょうが、注意したいポイントもあります。
また、照れるあまり「仕方ないから結婚してやる」など本意でないような言い方をしてしまうケースもあるようです。
それでは、プロポーズの際に気を付けたい注意点をチェックしていきましょう。

回りくどいプロポーズの言葉

プロポーズ時に避けるべき言葉1つ目は、定番だけど避けたいプロポーズの言葉がある点です。
理由は、回りくどい言い方だとパートナーに想いが伝わらず、雰囲気が台無しになる可能性があるからです。
代表的な定番だけど避けたいプロポーズの言葉は以下の3つがあります。

・毎朝味噌汁を作って欲しい
・僕の子供を産んでくれませんか
・一緒のお墓に入ろう

味噌汁を作って欲しいという言葉に対して「家事を女性側がするべきをいう意味」が込められていて嫌だと感じます。
僕の子供を産んでくれませんかという言葉に対して「結婚後も仕事したいのにな」「子供授からなきゃいけないの?」とプレッシャーに感じるケースもあるのです。
「一緒のお墓入ろう」という言葉は、暗い印象を与えてしまい、せっかくのプロポーズを台無しにしてしまう可能性もあります。

照れてしまいプロポーズを冗談のように聞こえる言葉

プロポーズ時に避けるべき言葉1つ目は、照れてしまってプロポーズを冗談聞こえる言葉はNGです。
照れ屋な方であれば、はっきりと「結婚してください」などと伝えることが照れくさいと感じたり、自分の柄じゃないと思ったりしてしまうケースもあるでしょう。
しかし、照れてしまうからといって、冗談のような伝え方をしてはいけません。
ネタのようなプロポーズの仕方をしてしまうと、真剣に将来のことを考えてくれているのかと相手が不安に思ってしまう可能性があります。
本気で言っていると相手が感じるような、真摯な態度で伝えましょう。

仕方なく結婚するかのような言葉

プロポーズ時に避けるべき言葉1つ目は、仕方なく結婚するかのような言葉はNGだということです。
照れてしまって真剣に伝えられない場合に、「お互いに、この辺で手を打っておこうか?」や「そろそろ結婚する?」などと伝えてしまうケースがあります。
これでは、相手にはまったく誠意が伝わらないでしょう。
せっかくプロポーズをしたのに、その想いが伝わらずに「ちゃんと将来のことを考えているの?」とイライラされてしまう恐れまであります。
照れてしまってもいいので、2人の将来のことを真剣に考えていることをはっきりと伝えるようにしましょう。

プロポーズをするタイミングについて

いざプロポーズをすると決心しても、いつ伝えればいいのかわからずにタイミングを逃してしまいがちです。
大事な話だからこそ、プロポーズの言葉だけではなくタイミングにもこだわりたいところでしょう。
どんなタイミングがいいのかなど、プロポーズとあわせて知りたい事柄も紹介します。
プロポーズの日にちと場所を選ぶときの参考にしてください。

日にちはいつがいい?

結婚式を挙げる際には大安の日にするなどこだわる人が多いのですが、ではプロポーズの日にちはいつにするといいのでしょうか。
プロポーズにおすすめのタイミングは、以下のとおりです。

・何でもない日にプロポーズする

・付き合い始めた日などの二人の記念日にプロポーズする

・彼女の誕生日にプロポーズする

・クリスマスなどのイベントの日にプロポーズする

プロポーズの場所は?

ドラマの中でプロポーズのシーンがあると、高級レストランが舞台となることが多くあります。
「プロポーズといえば」というイメージになっており、いつもよりもグレードの高いレストランはプロポーズの場所として定番です。
また、夜景の見える場所や海のそばなど、景色がきれいな場所もロマンティックです。
反対に、日常をイメージさせる自宅でのプロポーズも、自然体で落ち着いて話ができるため人気です。
自宅の場合、プロポーズの言葉もさりげないものにすると、求婚しているとは思われずに流されてしまう可能性があるため注意しましょう。

プロポーズのシチュエーションとは?

プロポーズのシチュエーションについてもチェックしていきましょう。
レストランやホテルであればプロポーズ用の特別な演出をしてくれるところもあります。
いつもと違った特別な時間を味わっているシチュエーションでプロポーズできるため、より思い出深いものになるでしょう。
また、告白をした場所など2人の思い出の場所は、パートナーに当時のドキドキを思い出してもらいながらプロポーズできます。
そのほか、いつもいる自宅でのプロポーズあっても、婚約指輪を渡しながらのシチュエーションであればロマンティックに感じられるでしょう。

プロポーズに婚約指輪は必要かどうか

プロポーズをするときに気になるのが、「婚約指輪は必要かどうか」です。
プロポーズをするのと同時に婚約指輪を渡すイメージがあるものの、事前に指の大きさの確認が必要なこともあり、気に入ってもらえる婚約指輪を準備することは大変です。
それでは、下記のポイントを確認していきましょう。

・プロポーズに婚約指輪は必要かどうか

・用意しておく場合にチェックしておきたいポイント

・指輪以外をプレゼントするならなにがいいのか

用意しておくならどんな婚約指輪?

プロポーズをする際に婚約指輪を用意しておくのであれば、どんな結婚指輪がいいのでしょうか。
恋人に喜ばれるような結婚指輪を贈るには、事前に細やかなリサーチが必要不可欠です。
例えば、左薬指のサイズがわかっていないと適切なサイズで指輪を作れないでしょう。

また、ジュエリーの好みのチェックも必要です。
せっかく高い贈り物をするのであれば、いつも付けてもらえるような相手の好みに合う物を選びましょう。
婚約指輪はデザインが豊富なので、ジュエリーのデザインや色合いの好みなど、さまざまなポイントを確認しておく必要があります。

婚約指輪は後で購入してもいい

実は、プロポーズの際に婚約指輪を渡さずに、後から購入してプレゼントするという方法もあります。
プロポーズの場で渡すことにこだわらなければ、OKをしてもらった後で2人そろってジュエリーショップに婚約指輪を買いに行きましょう。
本人と一緒に購入しに行けば、薬指のサイズをショップ店員に確認してもらえたり、自分で好きなデザインを探してもらえたりするため、メリットが多いです。
ファッションなどにこだわりがある恋人であれば、とくに後からの購入がおすすめです。
なお、近年の婚約指輪の相場金額は30万~40万円ほどとなっています。

指輪以外でプレゼントするなら?

プロポーズの際に婚約指輪を贈らない場合であっても、違ったものをプレゼントするケースが多くあります。
婚約指輪以外でよく贈られているアイテムは、以下のとおりです。

  • 指輪以外のアクセサリー
  • 腕時計
  • 花束
  • 手紙

そのほか、ダイヤモンドの石のみを贈るケースもあります。
プロポーズの時点ではアクセサリーに仕立てていない状態で贈り、その後ジュエリーショップで彼女と一緒に婚約指輪を選んだ際にそのダイヤモンドを使って作り上げるという方法です。
婚約指輪を選ぶセンスに自信がない方にとくにおすすめです。

まとめ:注意点を踏まえ感動的なプロポーズをしよう

今回は、プロポーズの言葉やタイミング、婚約指輪を用意しておくべきかどうかなどを解説しました。
定番でもおすすめできない言葉があるなど、プロポーズの際には気を付けておきたいポイントが複数あります。
これらに注意しながら、ストレートな言葉で真摯に自分の気持ちを伝えましょう。

なお、プロポーズが成功した後の式場選びはオンラインで詳しい内容まで聞ける「2人で結婚式」がおすすめです。
是非、オンライン相談会に気軽に参加してみてください。

 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.