資料請求資料請求はこちら
Contentsおすすめコンテンツ

再婚の結婚挨拶は簡単ではない?両親の本音と挨拶当日に気をつけること

再婚の結婚挨拶がうまくいくか、不安に感じている方もいるかもしれませんね。

今回は、結婚相手が再婚と聞いた親の本音や結婚挨拶で気をつけたいことをご紹介します。

両親から反対されたときの対処法もご紹介するため、再婚の結婚挨拶が心配な方は参考にしてください。

再婚におすすめプランはこちら

再婚の挨拶で気をつけたい4つのこと

再婚を決意したら、お互いの両親に挨拶に行かなければいけません。

しかし、再婚ということもあり、再婚を伝えたときに両親から反対されたらどうしよう‥‥‥と不安に感じる方もいるかもしれませんね。

再婚の挨拶当日に押さえておきたいポイントには、次のようなものがあります。

 

  1. 離婚理由は簡潔にまとめて話す
  2. 挨拶前に再婚である事実を伝えておく
  3. 事前に再婚相手の魅力を伝える
  4. 結婚挨拶に子どもを連れて行かない

 

それぞれの項目を確認していきましょう。

 

1.離婚理由は簡潔にまとめて話す

再婚の挨拶で相手の両親から聞かれることが多いのが、離婚理由でしょう。

やはり子どものことを考えると、一応聞いておきたいと思う両親は意外に多いようです。

再婚の挨拶で相手の両親から離婚理由を聞かれたら、簡潔にまとめて話しましょう。

「価値観が合わなかった」など、離婚理由を一言でさらっと答えても問題はありません。

しかし、離婚理由について相手の両親が詳しく知りたいようであれば経緯を話す必要があります。

離婚の経緯を話すときは、前妻(前夫)を非難するようなことは言わないほうが良いかもしれません。

前妻(前夫)を非難する人といった印象を持たれる可能性があるので、注意してくださいね。

 

2.挨拶前に再婚である事実を伝えておく

結婚の挨拶で両親に会わせるとき、いきなり相手に離婚経験があると言われたら戸惑う両親も多いでしょう。

どう対応していいか分からない両親もいるため、挨拶前に再婚である事実を伝えておくほうが無難です。

例えば、事前情報として結婚相手の年齢や職業、子どもの有無、結婚したいと思った理由などを両親に伝えておくのが良いかもしれません。

再婚に限らず、親は子どもの結婚相手がどのような人なのか気になるのは当然です。

事前に話すことで両親の相手に対する不安も軽減できるため、当日に話を進めやすくなるでしょう。

 

3.事前に再婚相手の魅力を伝える

再婚であることを両親に話すとき、結婚相手の魅力を伝えておくのも効果があります。

親が子どもの結婚を認めるとき、人柄が決め手になることも多いからです。

再婚の挨拶に行く前に結婚相手の魅力を伝えて、両親に結婚に対して前向きになってもらいましょう。

子連れ再婚である場合は、結婚相手が子育てに慣れていることも魅力になるはずです。

伝え方次第で結婚相手の印象も大きく変わるので、言い方にも注意しながら両親に彼(彼女)の魅力を伝えましょう。

 

4.結婚挨拶に子どもを連れて行かない

結婚の挨拶のときに、子どもを連れて行くべきか迷う方も多いでしょう。

しかし、結婚の挨拶に子どもを連れて行くのはあまりおすすめしません。

挨拶の場では、離婚理由や養育費のことなど子どもには聞かせたくない話になることも多いからです。

もし両親から再婚に反対された場合、その場を子どもに見せるのは少し可哀想ですよね。

まずはふたりだけで結婚の挨拶に行き、両親に了承を得てから子どもに会わせるという順番がいいでしょう。

 

【状況別】再婚の挨拶で使える文例集

再婚の挨拶当日は、結婚を両親に理解してもらえるのか不安に感じるものです。

なかには、どのように再婚の話を切り出していいか悩む方も多いかもしれませんね。

再婚の挨拶をするとき、彼氏と彼女のどちらが再婚者であるかによって挨拶方法も変わってきます。

ここでは、再婚の挨拶で使える文例集をご紹介するため、文例集を参考にして挨拶文を作成してみてはいかがでしょうか。

 

女性が再婚の場合

男性の両親に挨拶に伺う際は、男性にリードしてもらいながら話を進めることが大切です。

女性の両親に結婚の許可を得ているなら、そのことを男性の両親に伝えておきましょう。

「女性の両親が許可しているなら……」と結婚を許してもらえる可能性があります。

 

【挨拶例】

(男性の名前)さんと以前より真剣に交際させていただいております。

先日は(男性の名前)さんから私の両親に結婚のご挨拶をしていただきました。

本日は、私たちの結婚をお許しいただきたく、お願いに参りました。

未熟者ではありますが、(男性の名前)さんと幸せな家庭を築けるように努力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

男性が再婚の場合

男性が再婚である場合、親は娘の結婚を心配する気持ちが大きくなります。

両親に結婚を承諾してもらうためにも、男性か彼女を大切に思う誠実性を伝えることが大切です。

 

【挨拶例】

(女性の名前)さんとの結婚をお許しいただきたく、ご挨拶に伺いました。

再婚で心配なこともおありかと思いますが、(女性の名前)さんと幸せな家庭を築きたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

再婚同士の場合

男性と女性が再婚同士の場合は結納や結婚式を省略することもありますが、両親への挨拶は必須です。

一般的には、男性が女性の両親を先に訪問します。

 

【挨拶例】

本日は(女性の名前)さんとの結婚を許していただきたく、ご挨拶に参りました。

私には離婚歴があるため心配なこともおありかと思いますが、必ず(女性の名前)を幸せにします。

(女性の名前)さんとの結婚を許していただけないでしょうか。

 

再婚の結婚相手に対する両親の本音

自分の子どもの結婚相手が離婚経験者だと聞いて、不安に感じる親も多くいます。

両親の本音で多いのは、「また離婚するのではないか‥‥‥」といった不安です。

子どもが娘や息子にかかわらず、再度離婚を繰り返さないか心配に思うのでしょう。

一方、子どもが選んだ相手なので初婚だろうが再婚だろうが関係ないと考える親も多くいます。

ふたりが幸せになるため、結婚を決めたことに理解を示す親も多くいるようですね。

しかし、初婚や再婚にかかわらず結婚相手の人柄や誠実性が気になる親は多いようです。

親の不安を少しでも軽減できるように、結婚相手の人柄や誠実性を伝えられると良いかもしれません。

 

両親から結婚を反対された場合は?

子どもの結婚相手に離婚経験があると聞いて、再婚に対して不安に感じる親もいます。

なかには抵抗を感じて、両親から結婚を反対されることもあるかもしれません。

挨拶で両親から結婚を反対された場合、どのように対応すればいいか分からないこともあるでしょう。

両親から再婚を反対された場合の対応方法には、次のようなものがあります。

 

  • お互いに冷静になる時間を作る
  • 両親が再婚に反対する理由を聞く
  • 強引に再婚の話を進めない

 

それぞれの項目を確認していきましょう。

 

お互いに冷静になる時間を作る

挨拶当日に再婚に反対されたら、その日は一旦引き下がり冷静になる時間を作りましょう。

そして、帰宅するときに時間を作ってもらったことへのお礼と再度挨拶に伺うことを伝えます。

冷静になる時間を設けることで、両親が結婚を考え直してくれる可能性もあるからです。

両親が反対しているにもかかわらず説得にねばると、逆に悪い印象を持たれる可能性もあります。

再婚に対して前向きに検討してもらえるように、ここは一旦引き下がるのが得策でしょう。

 

両親が再婚に反対する理由を聞く

再婚に反対された場合は、両親が再婚に反対する理由を確認してみましょう。

両親のなかには、再婚や子連れといった言葉に抵抗を感じて結婚に反対している可能性もあります。

結婚相手を見送ったあと、両親が冷静になったら再婚に反対する理由を聞きましょう。

両親が感じる再婚に対する不安要素が分かれば、親を説得できる解決の糸口が見つかるかもしれません。

諦めずに、根気強く両親と向き合ってみましょう。

 

強引に再婚の話を進めない

両親に再婚を反対されたからといって、強引に結婚の話を進めるのは良くありません。

結婚したい気持ちも分かりますが、強引に話を進めると将来後悔する日が来る可能性があるからです。

結婚を機に両親と疎遠になり、自分に子どもができたときに祖父母に会わせられないかもしれません。

説得に時間はかかるかもしれませんが、根気強く親に説明すれば理解してもらえることもあります。

両親に理解してもらえるまで、諦めずに説得を続けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:再婚の結婚挨拶は誠意を持って挑みましょう!

この記事では、結婚相手が再婚と聞いた両親の本音や結婚挨拶で気をつけたいことについてご紹介してきました。

ポイントは以下のとおりです。

 

  • また離婚しないか不安に感じる親は多くいる
  • 挨拶する前に再婚であることを親に伝えておく
  • 親が感じる不安や心配事を軽減するために、挨拶当日は誠意を持って対応することが大切
  • 子連れ再婚の場合は挨拶当日に子どもを連れて行かない

 

2人で結婚式では、66,000円から挙式ができるサービスを提供しています。

少人数結婚式やフォト結婚式などのプランを用意しており、理想にあった挙式を行えるのが魅力です。

無料のオンライン相談会も実施しているため、再婚で結婚式を検討しているなら、一度参加してみてはいかがでしょうか。

再婚におすすめプランはこちら

©2021 Simple wedding.