お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

職場への結婚報告はどうしたらいい?決めておくべきことを確認しよう

結婚が決まったら、職場に報告することが必要です。
報告するのによいタイミングはあるのでしょうか?報告するときは誰にどの順番で伝えればよいのかということも意外と知らない方が多いかもしれません。
職場に結婚を伝えるときは、適したタイミングや方法があります。
また、結婚報告をするときには、結婚するという事実だけではなく、他にも伝えておいた方がよいことがいくつかあります。
たとえば、結婚したあとの働き方や休暇などについても決めておいた方がよいでしょう。
今回は職場に結婚を伝える際のタイミングや方法について解説します。

職場への結婚報告をするタイミング

結婚することが決まれば職場へ報告する必要がありますが、どのタイミングで報告すればいいのでしょうか?

職場への結婚報告はその後も同じ会社で働き続けるのか、寿退社するのか、はたまた違う部署での配属を希望するのかなどでタイミングが変わってきます。

その後も同じように働き続ける場合は結婚式の3ヶ月前までが目安です。
また、退社や違う部署への移動を希望する場合は引き継ぎや残りの期間の業務についてやるべきことがあるので、速やかに報告するようにしましょう。
報告が遅くなってしまった場合は周りに大きな迷惑をかけてしまうことになります。

また、結婚式前に婚姻届を出す方は会社での様々な手続きが必要なので、速やかに報告するようにしてください。
他にも、結婚に伴って新婚旅行のために長めの休暇を取りたい場合にも早めに報告しておきましょう。

さらに、実際に上司に結婚を報告する時間としては業務時間外を選ぶのが好ましいでしょう。
結婚は私事であるため、業務時間外に伝えるのがマナーです。
私事で報告があるとあらかじめアポイントを取っておくと、よりスムーズな結婚報告ができます。

また、職場によっては就業規約に結婚報告のタイミングが記載されている場合があるので、きちんとチェックしておきましょう。

職場へ結婚報告をする時の相手と順番

次に、職場への結婚報告の際に誰に、どのような順番で伝えればよいか解説します。
家族や親戚への結婚報告と同じように、伝える順番を間違ってしまうととても失礼に当たり、今後の人間関係の悪化を招いてしまうことも。
気持ちよく結婚報告ができるように、相手や順番についてのマナーをきちんとおさえておきましょう。

最初に報告するのは直属の上司 

結婚報告を一番にすべき相手は、普段の仕事の報告と同じように直属の上司です。
仲のいい同期などに先に報告してしまうこともあるかもしれませんが、その場合はくれぐれも内密にしてもらうようにしましょう。
上司があなたが結婚することを人づてに聞いた場合、気を悪くしてしまう可能性があります。

さらに、上司の次に誰に相談すればいいのかということも相談してみましょう。
もしここで上司から特に指示がなければ、役職が上の人→同じ部署の先輩→同期という順番で報告していくのが望ましいです。

人事総務へも報告する

結婚や入籍をした場合、保険証や年金手帳の名義変更などの法的な手続きが必要です。
そのためその役割を担ってくれる人事総務への報告もきちんと行いましょう。

他にも、取引先に結婚報告をした方がいいのかと気になる方もいるでしょう。
取引先には「何かしらお祝いを送った方がいいかもしれない」と気を遣わせてしまいかねないため、苗字が変わる場合を除いては報告しない方が無難です。

結婚報告前に決めておくべきことは?

結婚が決まったことをただ報告するだけは、その際に上司から色々と質問されても困ってしまうことになるでしょう。
スムーズに結婚報告をするためにはあらかじめ決めておくべき内容がいくつかあります。
今後の働き方はどうするのか、結婚式の際に上司にスピーチをお願いするのかなど、パートナーと一緒にきちんと決めておくようにしましょう。

今後の働き方について 

結婚後の働き方については、しっかりと考えた上で報告するようにしましょう。
同じように働き続けるのか否かで上司が取るべき対応が大きく変わってきます。
また、それ以外にも上司が気になるポイントとしては引越しはするのか、職場で名字は変えるのか、現在妊娠しているか、挙式と長期休暇の時期はいつか、などが挙げられます。
上司に聞かれた際にスマートに応えられるようにきちんと決めておくことが大切です。

上司を結婚式に招待するかどうか 

結婚式をするのかどうか、結婚式に上司を招待するのかどうかについても、結婚報告をするときに上司に伝えておきましょう。
もし上司を招待してスピーチや乾杯を依頼したい場合は結婚報告の段階でお願いしておくと、上司も余裕を持って式に参加することができます。

逆に、上司を結婚式に招待しない場合は「式は身内だけで開くことにしました」や、「式は行わずに身内だけで食事会を開くことにしました」などの理由をきちんと説明し、嫌な気分にさせないようにしましょう。

さらに、結婚報告の段階では結婚式の具体的な日時、規模や段取りもある程度決めておくとその後の流れがスムーズになります。
もしまだ悩んでいる方はプロに相談してみるのもおすすめ。
2人で結婚式ではオンライン相談会をおこなっているので、仕事が忙しくて相談会になかなか参加できないという方でも安心して参加することができますよ。

どうやって結婚報告をすればいい?

次に、実際にどのように結婚報告をしたらいいのか解説します。
結婚報告は仕事の成果報告などとは違って、メールなどではなく直接口頭で伝えるというマナーがあります。
また、結婚報告の際に伝えるべきこともあるので、どのように結婚報告をすればよいのか確認しておきましょう。

また、上司と同僚で結婚報告の際の方法や内容も異なります。
しっかり理解しておきましょう。

上司に結婚報告する場合 

一番最初に報告することになる、上司への報告方法からみていきましょう。

結婚することを自分の口から伝えるのは気恥ずかしいために、メールなどで間接的に伝えようとする方もいるかもしれませんが、それはNGです。
結婚は私事でありながらもとても重要なことであり、確認すべき内容も多いために必ず自分の口で伝えるようにしましょう。
仕事の際の重要な報告と同じだと思ってください。

また、今後の働き方や休暇についても伝えておきましょう。
結婚式や新婚旅行で長期休暇を取りたい場合は、早めに伝えておかないと職場に迷惑をかけてしまうこともあります。
働き方や休暇などは後悔することのないように、自分と会社側とでうまく折り合いをつけておきましょう。

同僚に結婚報告する場合

次に、同期に報告する場合についてみていきます。
会社によっては、朝礼などで上司が皆に報告の場を設けてくれることがありますので、その際は一度で報告することができるでしょう。
もし、特に報告する場がなかった場合には顔を合わせた時に直接報告するのがベターです。

同僚の場合でも、上司と同じようにメールなどで間接的に結婚を報告するのは避け、直接口頭で結婚報告をするようにしましょう。

しかし、なかなか会えない同期には電話やメールで報告するのでも大丈夫です。

メールの場合に一斉送信で送るのは失礼にあたるため、一人一人個人で丁寧に送るようにしましょう。

事前準備で職場への結構報告はスマートに!

結婚は人生において特別な出来事で、喜ばしいことです。
自分がお世話になっている会社の方に心から祝ってもらうためにも、マナーを守って、失礼にならない結婚報告をしましょう。

今回は結婚報告についてのマナーや決めておくべきことを紹介したので、ぜひ参考にしてください。
結婚報告や結婚式の流れについて知りたいことがあったり、不安を感じたりしている方もいるかと思います。
そのような場合は2人で結婚式のオンライン相談会に気軽に参加してみてください。
オンライン相談会は来店しなくても、自宅で結婚に関する相談をすることができます。 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.