お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

少人数結婚式の費用やメリットは?便利なオンライン相談会の活用法

少人数結婚式の費用やメリットは

「素敵な結婚式をしたい。でも予算は抑えめで」そんなわがままが叶うのがシンプルウェディングです。シンプルウェディングとは、挙式のみや挙式と食事会だけのシンプルな結婚式のこと。披露宴をなくすことで、予算をぐっと抑えられます。

シンプルな結婚式とはいっても、ゲストをしっかりとおもてなしできる素敵な結婚式にしたいですよね。ゲストの人数を少人数にしてゲスト一人ひとりと向き合う時間を作る。シンプルウェディングではこんなことも実現可能です。

少人数の結婚式の魅力とは?

少人数の結婚式の魅力とは?

少人数の結婚式にはどのような魅力があるのか、大まかに3つ紹介します

心のこもったおもてなしができる

少人数の結婚式では、新郎新婦と両家の両親や知人・友人が交流できる機会が増え、一人ひとりに心のこもった丁寧なおもてなしができます。従来の大人数での結婚式もにぎやかで盛り上がりますが、人数が多すぎると新郎新婦とその両親は挨拶まわりに追われてゆっくり話をする機会も減ってしまいがちです。

参加する知人や友人が結婚するふたりのお祝いに駆けつけたのに、結局一度も挨拶できずに終わってしまったということもあるでしょう。両親が挨拶まわりに追われて気疲れしてしまい、感動する暇もなかったという経験談もあるようです。

両親の挨拶まわりも少なく、新郎新婦が知人・友人の一人ひとりとゆっくり話す時間をとりやすい少人数の結婚式は、両親や知人・友人にも喜ばれるでしょう。

両家の絆が深まりやすい

結婚式は両家が絆を深める大切な機会のひとつでもあります。もともと仲がよくてもそうでなくても、この日このときだけに深めることのできる絆もあるでしょう。

大人数の結婚式ではそれぞれ挨拶まわりに追われてしまい、ゆっくり話をする機会がないこともあります。これからの人生を共にしていくうえでも、少人数の結婚式で両家の絆を深めておくことは大きなメリットとなるでしょう。

準備の負担が軽くなる

少人数の結婚式にすると、結婚式の準備も必要最低限で済ませることができます。招待する知人・友人が少なければ、招待状を用意するのにも時間や労力がかかりません。招待状を送る人数が多いほど集計も煩雑になり、打ち合わせのたびに料理や飲み物の数を調整する必要もあるため、費用見積もりも変化しやすくなります。

少人数である程度人数が決まっていれば、料理数の調整などの打ち合わせを減らすこともできるでしょう。また、大人数の結婚式の準備で意外とストレスになるのが席割を決めることだといわれています。少人数であれば席割もシンプルになるので、席次決めに悩まされることも少ないでしょう。

 

少人数の結婚式の費用の相場は?

少人数の結婚式の魅力とは?

結婚式の規模で、費用はどれくらい変わるものなのでしょうか。規模の大きさ別に相場の目安を紹介します。

2人のみの場合

結婚式のスタイルによっても異なりますが、神前式なら「玉串料(初穂料)」として5~20万円程度はかかるところが多いようです。教会式は会場によって異なり、基本的には「挙式料」として提示されている金額を見るといいでしょう。

聖歌隊や牧師の費用は含まれていても、人前式ではないならフラワーシャワーのような演出料が含まれません。当然ゲストの親戚や友人・知人をもてなすためのパーティーなどの準備も不要となるため、その分のコストを大幅に削減することができます。

家族も入れて10人規模

家族や親戚を入れて10人前後の式にした場合、相場は70万円程度といわれています。費用には挙式料、衣装代、料理・飲み物代が含まれ、料理や飲み物代は人数によって左右されるでしょう。

親族のみの挙式の場合、司会者や演出をつけないことが多いためその分の費用を削減できます。また新婦のお色直しもおこなわれないことがほとんど。衣装代も1着分で済ませることができるでしょう。

友人・知人も入れて20人規模

親族に加えて友人・知人も入れた20人規模の式となると、費用の相場は100万円前後になります。料理や飲み物の費用は10人規模の挙式に比べて高くなり、会場もより大きくなるため使用料も高くなるでしょう。出席者の顔ぶれによっては引き出物の準備も必要になります。

しかし、「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、挙式・披露宴・パーティを含めた総額の平均は300~450万となるところが多いようです。それに比べると、20人程度の小規模での結婚式は費用を抑えやすいといえるでしょう。

迷ったらオンラインで相談してみよう

迷ったらオンラインで相談してみよう

少人数での結婚式を考えたとき、実際に式場に足を運んでみたら事前の見積もりやイメージと大きく異なってしまったなど、式場探しに難航してしまうケースも少なくありません。式場探しに迷ったときは、ウェディングサービス「2人で結婚式」のオンライン相談がおすすめです。

仮予約から申し込みまでオンライン

「2人で結婚式」では、仮予約から申し込みまですべてオンラインでおこなうことができます。これまでは結婚式の打ち合わせをするとき、その予約も直接式場に行かなければならないことが大半でした。「2人で結婚式」では打ち合わせの予約はもちろん、式場の仮予約もオンラインでおこなうことができます。

結婚式の準備や会場の詳細なども、式場がオンラインで相談会を開いてくれるため、準備期間中に式場に行くのはドレスを試着するときのみです。遠方の場合は、サイズの詳細を伝えればドレスの試着も不要になるので、挙式当日まで完全にオンラインで済ませることも可能となるでしょう。

わかりやすい価格設定

結婚式の費用は必要なところにしっかりかけたいものですが、不要な出費は可能な限り減らしたいものですよね。「2人で結婚式」では、挙式のプランごとに明確な価格が設定されており、プランを選びやすくなっています。

これまでの式場に足を運んでの式場見学の場合、滞在時間が長いことや、Webに書いてあった料金と異なるなど、大変さや不安を感じたりすることも少なくないようです。また、対面ならではの強引な即決営業をかけられることもあり、不快な経験をした人もいます。人によっては2回3回と何度も見積もりをもらうことも少なくありません。

「2人で結婚式」ではプランやドレスの注文はサービスサイト上でおこない、利用者自身で決済をするため、金額の不一致や強引な営業を防ぐことができるでしょう。

リーズナブルな価格でハイクオリティな会場

「2人で結婚式」では、「ザ ストリングス 表参道」をはじめとしたハイクオリティな会場が用意されています。大人数の結婚式では人数に合わせて会場も大きくなり、費用もそれなりにかかるでしょう。

また会場も大人数が入れるような豪奢なところでないと盛り上がりに欠けるのではという不安もあるかもしれません。「2人で結婚式」ではシンプルながらもクオリティの高い会場が選択肢として用意され、ふたりの大切な記念日を上質な空間でお祝いすることができます。

 

少人数の結婚式で暖かい記念日に

少人数の結婚式の費用やメリットをお伝えしました。少人数での結婚式は大人数の場合に比べると費用を控えめにすることができ、両親や知人・友人との交流を深めやすくなります。アットホームな式を挙げることができるため、新郎新婦や両親はもちろん、知人・友人にも喜ばれる式になるでしょう。挙式の準備に負担をかけたくないのであれば、オンラインで完結させることも十分可能です。ぜひ結婚式を挙げるときの参考にしてみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.