お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

ベールダウンの意味や由来は?感動を呼ぶ結婚式のセレモニー

結婚式で人気のあるセレモニーのひとつ「ベールダウン」は、花嫁のフェイスベールをおろしてあげる儀式です。 

そんなベールダウンに憧れはあるけれど、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ベールダウンの基本的な意味や、やり方についてご紹介します。

憧れのベールダウンをより輝かしい思い出にするためにも、参考にしてください。

ベールダウンの基本的な意味や由来

はじめに、ベールダウンの基本的な意味や由来についてご紹介します。
日本でもベールダウンは取り入れられるようになってきました。
しかしベールダウンには本来魔除けの意味があることや、なぜ母親がしてあげる儀式なのか、という点について知っている方は少ないかもしれません。

ベールダウンの意味や由来をきちんと知ることで、儀式そのものに対する思い入れも変わってくるでしょう。

花嫁のフェイスベールをおろしてあげる儀式

ベールダウン自体は、花嫁のフェイスベールをおろす至ってシンプルな儀式です。
フェイスベールをおろすだけですが、新婚前の身支度を整える最後の仕草であり、神聖なものとされています。

ベールダウンのタイミングは主に挙式の直前で、花嫁の母親や花嫁にとって大切な方がおろすのが一般的です。

由来は西洋の魔除け

ベールダウンは西洋から伝わってきた習慣ですが、本来魔除けの意味があるとされています。

ヨーロッパのとある地方では「結婚の当日教会までの道中で、花嫁が悪魔にさらわれてしまう」という迷信がありました。

フェイスベールは悪魔の目から花嫁を守るために、母親がかぶせたものです。

キリスト教においても清浄の象徴である純白のベールには「愛する娘を守ってくれますように」という母親の願いがこめられています。

母親がしてあげる最後の支度

教会に無事にたどり着いた花嫁のフェイスベールを母親がおろし、新しい家族である新郎のもとへ送り出すのがベールダウンです。

つまりベールダウンは嫁入り前の花嫁に対し、母親がしてあげる最後の身支度という意味もこめられています。

特に近年日本で取り入れられるようになった背景としては、父親はバージンロードを一緒に歩くという習慣があるにもかかわらず、母親の出番はほとんどなかった点にもあるようです。

母親にもスポットライトが当たるセレモニーとして、多くの花嫁と母親に注目されるようになりました。

ベールダウンをおこなうタイミング

どのタイミングでベールダウンをおこなうべきかわからないという方は多いでしょう。

ベールダウンをおこなうタイミングに明確な決まりはありませんが、挙式前に花嫁の控室でおこなうパターンと、バージンロードを歩く前におこなうパターンがあります。

挙式前の花嫁控室

挙式前に花嫁の控室でベールダウンをおこなうことのメリットは、ゲストの目を気にしなくてよい点です。

ベールダウンはシンプルにフェイスベールをおろすだけの儀式ですが、ベールをおろすときも美しく見えるよう姿勢に気を配ったり、母親と顔を見合わせて感謝の気持ちを伝えたり、人前では緊張してしまう儀式でもあります。

控室であれば母親と2人きりでゆったりとした時間を過ごすことができ、感動して泣いてしまってもメイク直しをしやすいというメリットもあるでしょう。

バージンロードを歩く前

バージンロードを歩く前にベールダウンをおこなうと、式に参加している親戚やゲストに見守ってもらうことができます。

少し気恥ずかしいと感じる一面もあるかもしれませんが、会場にいる全員で感動を分かち合えるので、花嫁と母親自身はもちろん、親戚やゲストの方の心に残る場面となるでしょう。

ベールダウンで母親に身支度を整えてもらい、バージンロードを父親と歩くという流れがスムーズに決まるのも利点です。

ベールダウンを美しく見せる方法

ベールダウンの基本的な動作は至ってシンプルで、母親がフェイスベールをおろして、花嫁が母親と向き合って感謝の気持ちを述べます。

単純にフェイスベールをおろすだけといっても、ベールダウンは神聖な儀式です。
特に人前でおこなう場合は見え方にも気を配れるといいでしょう。ベールダウンを美しく見せる方法を簡単にご紹介します。

ベールはゆっくりとおろす

フェイスベールをおろすときはゆっくりとおろすようにしましょう。

ただおろすだけ、と思っていると雑な動作になってしまいがちなので、ご自身で思っているよりもゆっくりおろすのがポイントです。

ゆっくりとした動作はそれだけで優雅に見せることができます。

ただし、姿勢がどうしても前かがみになるため、おろす側の方は腰に負担がかからない程度のテンポでおろすようにしましょう。

また、ベールをまっすぐにおろすように気をつけましょう。

顔全体を覆うフェイスベールは、ただおろしただけだと端が折れてしまったり、肩にひっかかったままになったりしてしまうこともあります。

花嫁は、ベールが360度どこから見ても美しく、まっすぐにおりていることをしっかりと確認してから歩き出すようにしましょう。

控室でベールダウンするときは余裕がありますが、バージンロードを歩く直前だと緊張してしまって細部に気づかないこともあるので、花嫁と母親がお互いに気をつけられるといいですね。

花嫁は猫背にならないように

ベールダウンをおこなうときは、花嫁はフェイスベールをおろしやすい位置に頭を移動させるのがマナーです。

そのため基本的には前かがみになる方が多いのですが、このとき猫背にならないように注意しましょう。

片足を少し後ろにずらし、腰を垂直におろすようにすると、ヒールを履いていても背筋を伸ばした姿勢のまま中腰になることができます。

こんなときはどうする?様々なベールダウン

ベールダウンの基本的なやり方がわかっても、事情や状況によってはベールダウンができないこともあるでしょう。

それでも「どうしてもベールダウンをおこないたい」もしくは「ベールダウンと同じくらいの感動を与えるセレモニーをおこないたい」「大勢の前でベールダウンは気恥ずかしい」という方のために、いくつか代替案をご紹介します。

フェイスベールがない場合

たとえばマリアベールという種類のベールは、デザイン上ベールをフェイスアップさせることができません。

その場合は、母親にアクセサリーをつけてもらう、バージンロードの途中で新郎からブーケを受け取る等の代わりの演出方法を検討してみましょう。

母親がいない場合

ベールダウンでフェイスベールをおろすのは基本的に母親とされていますが、ご家庭の事情によっては母親が結婚式に同席できない場合もあるでしょう。

その場合は父親や兄弟、親族にお願いしても大丈夫です。

花嫁が「自分を見守ってくれて、感謝を伝えたい」「自分の結婚を心から喜んでくれる」と認識している方にお願いしましょう。

大人数の前では恥ずかしい場合

「大人数の前でのベールダウンはどうしても恥ずかしい」「でもせっかくベールダウンをおこなうなら、教会などの開放的な空間でおこないたい」と考えている方は、少人数の結婚式を検討してみましょう。

「2人で結婚式」であれば、新郎新婦のみの挙式プランから親族のみの挙式プラン、親族に知人が少数の10人程度の挙式プランなど、少人数の結婚式プランが豊富に揃っています。

各店舗へはこちらから

まとめ:ベールダウンで感動の結婚式に

ベールダウンの基本的な意味ややり方についてまとめました。

ベールダウンは本来魔除けの意味があり、花嫁の幸せを願う母親や親族がフェイスベールをおろし、婚前の最後の身支度を整えてあげる儀式です。

美しく見えるコツをつかんで、心に残る感動のセレモニーを演出しましょう。

ベールダウンの演出で相談したいことがあれば、「2人で結婚式」のオンライン相談も活用してみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.