お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

結婚指輪のタイミングはいつ?購入から着用までのパターンを想定

この記事では、結婚指輪の購入や着用のタイミングについてまとめています。
結婚指輪はいつ頃購入するのがいいのか、いつから着用していいのか、明確な決まりはありません。
結婚指輪を購入、あるいは着用するタイミングに迷ってしまう方のために、
一般的に購入や着用のタイミングとして選ばれているのがいつなのかをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

結婚指輪の購入タイミングはいつがいい?

結婚を控えた2人にとって、結婚指輪はあこがれの象徴であり、手にすることでより結婚の実感がわくでしょう。
大事な結婚指輪だからこそ、購入するタイミングをしっかり見極め、入念に準備していきたいところです。
初めて結婚指輪を購入する方でもスムーズに購入を進められるよう、一般的な結婚指輪の購入タイミングをまとめました。

納期を考えて早めに準備するのがおすすめ

結婚指輪の購入は、納期を考慮して早めに準備するといいでしょう。
ここでまず、結婚指輪の一般的な納期について解説します。

結婚指輪を見せるのを挙式当日の指輪交換まで待ったり、結納・顔合わせの場で見せたり、結婚指輪を初めてお披露目する場は人によって異なります。
ご自身で希望のタイミングから逆算して購入時期を決めてみてください。

注文方法によって納期が異なる

結婚指輪の納期は注文方法によって変わってきます。
オリジナルの指輪をつくりたいと思うなら、フルオーダーで注文しましょう。
指輪のデザイン決めからおこなう必要があるためその分時間がかかります。

指輪の素材や加工などをカスタマイズできるセミオーダーは、フルオーダーよりは短い納期でできるでしょう。
既製品オーダーはすでに決まったデザインから選ぶだけなのですぐに購入できるような気がしてしまいます。
しかし、サイズ直しや刻印をおこなうため想定以上の時間がかかります。

納期の目安は2~3か月

結婚指輪の納期の目安は2~3か月程度です。
前述したように注文方法によって納期は異なりますが、既製品であれば約2週間~1か月、セミオーダーであれば3週間~1か月半、フルオーダーだと平均で2~3か月といわれています。
何かのトラブルで大事なタイミングに間に合わないことを防げるよう、どの注文方法でも納期は2~3か月見込んでおくといいでしょう。

早めに準備するメリット

結婚指輪の購入を早めに準備することのメリットは、納期に余裕を持たせられることだけではありません。
結婚指輪を早めに準備することで、写真に残すことができたり、結納・顔合わせの場に間に合わせたりもできます。
結婚指輪の購入タイミングを考えるときの参考にしてみてください。

写真に残せる

結婚指輪の購入タイミングが早いと、写真に残すことができます。
近年はSNSなどで結婚報告をする際に、婚姻届と結婚指輪を一緒に撮影する方も増えています。
また、前撮りするときに結婚指輪がすでに手元にあれば、指輪をはめた状態の写真を残すこともできるでしょう。
もちろん挙式当日に指輪交換をする際にも結婚指輪の写真は撮れますが、特別な写真を残したい方には早めの準備がオススメです。

結納・顔合わせで見せられる

結婚指輪を早めに購入しておけば、結納・顔合わせの場で見せることができます。

結納・顔合わせの場では婚約記念品を贈りあうのが通例ですが、結婚指輪を記念品として贈りあうこともできるでしょう。

挙式当日は何かとあわただしく、ご両親や家族に結婚指輪をゆっくりと見てもらう時間はつくりにくいものです。

結納・顔合わせの場に間に合わせることができれば、結婚指輪のこだわりや指輪に込めた想いなどを知ってもらう機会にもなります。

結婚指輪をつけるタイミングは?

一般的に、結婚指輪をつけるタイミングはいつになるのかをまとめました。
結婚指輪をつけるタイミングに明確な決まりはありませんが、多くの夫婦が式の当日に指輪を交換するタイミングでつけているようです。

・式の当日に結婚指輪をつけることのメリット

・他の日に結婚指輪をつける場合はなぜその日を選ぶのか

これらの理由についても解説します。

最も多いのは挙式当日の指輪交換

ここでは、挙式当日の指輪交換を経て、結婚指輪をつけた場合のメリットを簡単にご紹介します。
結婚指輪をつけるタイミングとして、多くの方が選ぶのが式の当日の指輪交換です。
結婚式で指輪を交換することは「お互いに永遠に愛することを誓う」意味があるため、この意味を大切にしたいという方が多いからです。
他にも、式の当日その日まできれいな状態で交換できる、指輪をつけたときの喜びが大きい、というメリットがあります。

きれいな状態で交換できる

結婚式当日に指輪を交換するタイミングで初めて結婚指輪をつけるという方は、大半がその日まで指輪を出さずに大事に保管しています。
完成してから一度も他の人の目に触れていないため、式の当日もきれいな状態で指輪を見せることができるでしょう。
完成したままのピカピカの状態の指輪を大勢の参列者の前で交換する、という場面にあこがれる方も多いようです。

当日まで待った分、喜びが大きい

結婚指輪が完成したら、一刻も早くつけたいという気持ちに駆られる方もいるでしょう。
それを結婚式当日まで待った分、当日の指輪交換で初めて結婚指輪をつけたときの喜びは大きいものになるようです。
式の当日の指輪交換のタイミングで結婚指輪をつける方の多くは、指輪交換の儀式を神聖で大切なものと考えています。だからこそ、当日まで指輪をつけるのを待っているのでしょう。

入籍日からつけるのもアリ

結婚指輪をつけるタイミングに明確な決まりはないため、当然入籍日からつけても問題ありません。
入籍した記念に結婚指輪をつけて結婚したことを実感したい方や、既婚者であることをアピールするためにつけたい方もいるでしょう。
ただし式を挙げる予定がある場合は、当日まできれいな状態を保っておくよう注意が必要です。
ここでは、入籍日から結婚指輪をつけた場合のメリットを簡単にご紹介します。

結婚したことを実感できる

入籍日から結婚指輪をつけることで、結婚したことを実感できます。入籍は婚姻届を提出するだけのシンプルなものであり、事務的な作業でもあるので、結婚したという実感があまりわかないという方も多いでしょう。
入籍のタイミングで結婚指輪をつけることで結婚したと実感できるので、気持ちを切り替える意味で入籍日から指輪をつけ始めるのもオススメです。

既婚者であることをアピールできる

結婚指輪をつけていれば、既婚者であることを周りに知らせることができます。
当然入籍した瞬間から既婚者ですが、指輪をつけていなければ既婚者であることがわかりません。
挙式の前に入籍する夫婦も多いことから、入籍して挙式までの間も既婚者であることをきちんとアピールしたい方は、入籍日に結婚指輪をつけ始めるのがいいでしょう。

こんなときはどうする?場面別の結婚指輪をつけるタイミング

結婚指輪を購入したりつけたりするタイミングは、主に挙式当日の指輪交換の場や婚姻届を提出したタイミングであることが多いようです。
しかし、人によってはそれらのタイミングで結婚指輪をつけることができないこともあるでしょう。
指輪交換の場や入籍日に指輪をつけられない、もっと他の日につけたいという方のために、場面別に対処法をまとめました。

挙式なしの場合

近年では挙式なしで、入籍だけ済ませる夫婦も少なくありません。
しかし、結婚式をやらないということは指輪交換の儀式もやらないことになりますので、指輪をつけるタイミングは自分で選べます。
式を挙げる予定がない夫婦が結婚指輪をつけるタイミングとしては、指輪が完成してすぐのタイミングや、職場が変わるタイミングなどが一般的です。

指輪が完成してすぐ

入籍日を待たずに、シンプルに指輪が完成したらすぐにつけるという方もいます。
指輪の完成には長くて2~3か月かかることもあるので、待ちに待った指輪が届いたら嬉しくてすぐにつけたくなりますよね。
結婚式を挙げないのであれば、当日の指輪交換までに指輪をきれいな状態に保っておく必要もありません。
入籍のみで結婚した実感がわかない、という方も、すぐにつけることで結婚を実感できるでしょう。

職場が変わるタイミング

職場が変わり人間関係も変わったタイミングで、結婚指輪をつけたという方もいます。
転職して新しい人間関係を築いていくときに、指輪をつけていれば既婚者であることが一目でわかるので、面識のない人にも伝わりやすく便利です。
同じ職場でも結婚指輪をつけることで、上司や同僚に自ら報告しなくても理解してもらえるでしょう。

入籍前につけるのはアリ?

結婚指輪をつけるタイミングは、入籍前でもかまいません。
前述したように結婚指輪をつけるタイミングにはこれといった決まりはないからです。
指輪が完成したタイミングでつけたいという場合は必然的に入籍前になります。
一番大切なのは2人が納得できるタイミングでつけることです。
ただし後述しますが、式を挙げる予定がある場合、入籍前に指輪をつけるのは注意しましょう。

つけるタイミングに決まりはない  

結婚指輪をつけるタイミングに決まりはなく、結婚する2人が納得して決めた日につけるようにするといいでしょう。
指輪が完成したタイミングでつけてもいいですし、同居をスタートした日や2人の交際記念日、フォトウェディングを撮影するタイミングでつける方もいます。
結婚指輪をつけることで、視覚的にも結婚したという実感を得やすくなるため、気持ちを切り替えることができます。
結婚指輪をつけるタイミングは、意味のある日にしたいものですね。

式を挙げる場合は要注意

結婚式を挙げる予定がある場合、入籍前に結婚指輪をつけるのであれば注意が必要です。
挙式前に指輪をつけると、傷や汚れがつく可能性が高くなります。
当日までは新品のようなきれいな状態を保っておきたい方は、挙式前に指輪をつけることは控えたほうがいいかもしれません。
どうしても挙式前に指輪をつけたいという場合、挙式の前に指輪のクリーニングをするのがおすすめです。

まとめ:結婚指輪を買う・つけるタイミングは2人で決めよう

結婚指輪を購入するタイミング、つけるタイミングについて簡単にまとめました。
結婚指輪の購入タイミングは3か月前がおすすめですが、実際のところ結婚指輪の購入や着用のタイミングには、これといった決まりはありません。
結婚する2人が納得して決めた日であることが大前提ですので、2人できちんと相談して決めた日であれば、いつでも構いません。

「2人で結婚式」ではオンライン相談会も実施しています。
結婚指輪の購入やつけるタイミングに困ったら、オンライン相談会でも気軽に相談してみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.