お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

結婚式のケーキにもこだわりを!心に残る挙式にするための演出とは

結婚式で視覚的な演出として盛り上がるのが、結婚式のケーキです。
一生に一度の晴れ舞台であり、ゲストも一緒に楽しめる演出なので、ケーキにもこだわりたいですよね。
この記事では、心に残る結婚式の演出にケーキを使いたい方のために、ケーキの選び方や演出方法をご紹介します。
結婚式でケーキの演出をするとき、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式のケーキの由来は?

結婚式のケーキは結婚式の演出の中でもメジャーですが、その由来や歴史についてきちんと理解している方は少ないかもしれません。
結婚式でケーキの演出がおこなわれるのは、西洋のしきたりに合わせていることもありますが、大切な意味も込められています。

結婚式のケーキの演出をより特別なものにするために、まずはケーキの由来や歴史を知っておきましょう。

始まりは18世紀イギリス

歴史の中で一番最初に結婚式でケーキが登場したのは、18世紀のイギリスといわれています。
当時のヴィクトリア女王が結婚式にケーキを使用したのがはじまりです。

18世紀の結婚式のケーキは、砂糖や水あめ、ゼラチンを使用した「シュガーケーキ」が主流でした。
湿度や保存方法に気をつければ、100年は保存できたといわれています。

日本の結婚式でケーキが定番化してきたのは、欧米文化が流行しはじめた昭和の頃とされています。
現代ではすっかり定着した結婚式のケーキですが、日本での歴史はまだ浅いようです。

豊かさや繁栄、幸せの象徴

結婚式のケーキは、均等に分けて式の参加者全員で食べる演出が基本ですが、これもイギリスの習慣に由来しています。18世紀のイギリスではケーキは豊かさや繁栄といった「幸せ」を象徴する食べ物とされていました。

幸せの象徴であるケーキを取り分けて全員で食べることで、幸せをみんなで分け合うという意味が込められています。

結婚式のケーキの基本情報

結婚式で使われるケーキについて、基本情報をまとめました。かつての結婚式のケーキは、シュガーケーキが主流でした。一時は装飾にこだわった大きなイミテーションケーキが定番とされていたこともあります。

結婚式のケーキの選択肢は広がってきているので、ご自身の結婚式に合ったケーキを選ぶときの参考にしてみてください。

結婚式のケーキは3段

結婚式のケーキは3段が基本とされています。18世紀のイギリスで登場した結婚式のケーキが3段だったことに由来していますが、それぞれの段に意味がつけられるようになりました。

1段目は式場に参列したゲスト全員と食べる用、2段目は式に参列できなかった友人知人に配る用、3段目は結婚記念日など2人の記念日に食べる用、とされています。3段目は、かつては長期保存が可能なシュガーケーキが主流だったことの名残でしょう。

結婚式のケーキの種類と値段

18世紀の結婚式ケーキはシュガーケーキが主流でしたが、時代の流れでイミテーションケーキや生ケーキといった種類も登場してきました。現在、結婚式で使われるケーキの種類と値段を紹介します。

生ケーキ

生ケーキはフレッシュケーキともいわれます。土台にはスポンジケーキやパイ生地を使用し、果物や砂糖菓子、生クリームでデコレーションされているケーキです。
デコレーションもすべて食べられるのが特徴で、その場で切り分けてゲストも含め全員にふるまわれる演出に使われます。

平均的な値段は7万円程度ですが、ケーキの形を自由にデザインしやすいため、ケーキの形によっても多少値段が異なります。

イミテーションケーキ

イミテーションケーキはその名のとおり、発泡スチロールやスポンジでできた生ではないケーキのため食べることができません。
しかしその分、長く会場に飾っておけるという点や、ケーキの高さを高くしたり装飾にこだわったりできる点がメリットです。

ケーキ入刀の演出をおこなう際には、ナイフを入れる部分だけ生のケーキを使用することもあります。一般的に値段は5万円ほどです。

シュガーケーキ

シュガーケーキは、フルーツケーキをシュガーペーストでコーティングしたケーキです。
伝統的な結婚式のケーキで、前述したように長期保存が可能ということ以外にもレース模様などの細かい装飾がしやすいという特徴もあります。

現代では長期的に保存するために内側にスポンジを使用する工夫がされることもあるようです。

値段はデザインに左右されるところも大きいですが、8~10万円程度が相場でしょう。

クロカンブッシュ

クロカンブッシュは小さめのシュークリームを積み上げたタワーケーキで、「ごつごつした木」を意味するフランスの伝統的なケーキです。

欧米ではシュークリームをキャベツに見立て、子孫繁栄と豊作の願いも込められています。
カラメルとあめでコーティングされており、取り分けしやすいため結婚式でもよく使われるようです。

値段は8万~9万円程度で、手間もかかるため10万円になることもあります。

結婚式のケーキの注文方法

結婚式のケーキは、基本的には式場やウェディングプランナーを通じてパティシエに依頼します。
もちろん自分で直接依頼することもできるので、気に入っているパティシエに依頼するのもいいでしょう。

注文するときは挙式当日をしっかりイメージして注文しましょう。
会場に似合うのはどんなデザインのケーキか、参列者数に合わせたサイズはどれくらいか、会場まで運んでくれるのかどうか、細かいところまでイメージして確認することが重要です。

 

結婚式のケーキ演出

結婚式のケーキを活かす演出方法をご紹介しましょう。ケーキを使った演出で最もポピュラーなのはケーキ入刀ですが、演出方法はほかにもあります。特にケーキを使った演出は新郎新婦が共同で作業するタイプが多いため、会場の盛り上がりにも期待できるでしょう。

結婚式出のケーキの演出でオススメな演出方法をご紹介します。

定番演出!ケーキ入刀

オーソドックスですが人気の高い演出がケーキ入刀です。
「初めての共同作業」ともいわれるケーキ入刀ですが、愛し合う2人がパンを分け合って永遠の愛を誓ったというギリシャ神話に由来しているという説があります。

2人で仲良くケーキにナイフを入れる演出で、2人の幸せな姿を会場のみんなで見守ることができるでしょう。

実は深い意味がある!ケーキバイト

ケーキバイトは切り分けたケーキをお互いに食べさせ合う演出です。
ファーストバイトは新郎新婦が互いに食べさせ合いますが、それぞれに意味が込められています。

・新郎が新婦に食べさせてあげたとき「一生食べるものに困らせない」

・新婦が新郎に食べさせてあげたとき「一生美味しい料理をつくる」

他にもご両親への「サンクスバイト」、ご両親から新郎新婦への「ラストバイト」があります。ファーストバイトをご両親にお手本でやってもらうお茶目な演出も良いでしょう。

ケーキを用意しない場合のお祝い

予算の都合や和婚スタイルの場合、無理にケーキを使った演出をする必要はありません。
その場合は代わりになるお祝いを用意して、結婚式を盛り上げましょう。

和婚スタイルであれば鏡開きなど、伝統的な共同作業の演出があります。
和婚ではない場合は、2人で果実酒をつくる演出や、全員参加型で楽しめるサンドセレモニーなど、2人の共同作業が必要になるような演出がオススメです。

まとめ:結婚式のケーキにこだわって思い出の1日にしよう

結婚式のケーキの由来や種類、値段や演出方法についてまとめました。

・結婚式のケーキには2人の初めての共同作業という意味や、幸せをおすそ分けする意味があります。

・ケーキは主に4種類あり、ケーキの素材やデザインによって価格も変わります。

・当日はケーキ入刀などの演出で盛り上げます。

結婚式のケーキへのこだわりが、2人らしい結婚式の演出につながるでしょう。

2人らしい結婚式を演出したいのであれば、「2人で結婚式」の少人数プランもオススメです。是非オンライン相談会で相談してみてくださいね。

 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.