お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

【両家顔合わせ】気になる会場の選び方から当日の流れまで

両家顔合わせ

結婚において両家顔合わせは重要なイベントのひとつでもあるので、全体的な流れを把握しておけば準備も進めやすくなります。

この記事では、両家の顔合わせの流れや準備のポイントなどをまとめました。両家顔合わせをセッティングするときの参考にしてみてください。

両家顔合わせのセッティングの流れ

両家顔合わせのセッティングの流れ

両家顔合わせをおこなうには、まずは両家顔合わせの場をセッティングすることからはじめましょう。自分の両親に対しては少し気恥ずかしく感じるかもしれませんが、両家顔合わせは伝統的な儀式のひとつであり、日程決めや会場決めにもちょっとしたコツがあります。

日程を決めるタイミングや会場選びのポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

日程を決める

ご両親によってはまだ現役で仕事をしている方もいるでしょう。「〇月〇日にやりたいけれど大丈夫?」というように具体的な日程を伝え、両家の両親がどちらも予定をあわせやすいように配慮して決めることが大切です。

ちなみに、両家顔合わせをおこなうタイミングは婚姻届けを提出する前が一般的といえるでしょう。婚姻届を提出する日から先に決めてもいいかもしれません。

会場を決める

会場は両家がお互いに集まりやすい場所を選ぶようにしましょう。どちらか一方があまりに遠い場合はよく相談するようにしてください。両家顔合わせといっても近年はかなりカジュアルになってきているので、レストランを選ぶときもかしこまった会場でなくても大丈夫です。ただし両家顔合わせの場として適しているレストランを選ぶこと、また予約の際に「顔合わせで使いたい」と伝えておくといいでしょう。

会場となるレストランの料理は特に決まりはなく、両家の希望に合わせて選びます。レストランを選ぶときは周りの音が気になったりしないよう、個室を指定するようにしましょう。

また料理の質だけでなく、接客の質も重視して選ぶのがポイントです。

両家顔合わせの全体的な流れ

両家顔合わせの全体的な流れ

両家顔合わせの大まかな流れをまとめました。自分たちは相手のご両親とすでに顔見知りになっているかもしれませんが、ご両親同士は初対面です。

何かと緊張してしまいますし、緊張が自分たちにも伝わって互いにぎこちなくなってしまうのは避けたいところですよね。事前に流れを知っておくことで十分に準備を整えておくことができるでしょう。

挨拶、両家の自己紹介

待ち合わせ場所に先についたとしても、両家がそろってから入室するようにしましょう。席についたら挨拶をして、この日に集まってもらったことに対する感謝の気持ちを述べましょう。それから男性側の家族から順に自己紹介を始めます。

事前に何を話すか簡単に打ち合わせしておくといいでしょう。家族が何を言ったらいいのかわからなくなってしまったときは、答えやすい話題を振ってあげるなど、サポートしてあげることも大切です。

結納品や婚約記念品のお披露目と交換

自己紹介が済んだら、食事が運ばれてくる前に結納品、または婚約記念品を交換します。一般的には男性から婚約指輪、女性からは時計などの記念品を贈ります。

近年では必ずしも婚約記念品を交換する必要はないようですが、簡単な手土産は持っていくといいでしょう。お相手のご両親の好きなもので、お茶やコーヒーといった大きな荷物にならない程度のものがおすすめです。

食事・歓談

男性、あるいは男性側の父親の音頭で乾杯をします。両家の仲が深まるような歓談で場を和ませましょう。政治やお金の話などのセンシティブな話題は避け、子供のころの思い出やエピソードを中心にするのがおすすめです。名刺を持っているなら食事の終わる頃にさりげなく渡すといいでしょう。食事会自体は2時間程度で終わらせるのがベストです。

結びの挨拶

頃合いを見計らって結びの挨拶をします。結びの挨拶は男性・女性の2人から両家へ感謝の気持ちを述べましょう。挨拶を終えたら店の人に頼んで、全員の集合写真をとってもらいます。お店に写真を撮れる場所があるかどうか、事前に確認しておくといいですね。写真は出来上がったら送ることを相手のご両親に約束しておきましょう。好印象を与えておくことも大切です。

知っておきたい!両家顔合わせのマナー

知っておきたい!両家顔合わせのマナー

近年の両家顔合わせはカジュアルな雰囲気でおこなわれることが増えましたが、お相手の家族に見られていることも考えると、座る席順や空気づくり、お会計のタイミングなど、最低限のマナーは守っておきたいものです。

両家顔合わせの場でこれだけは知っておきたいマナーをまとめました。事前にきちんとイメージトレーニングをして、当日失礼のないようにしましょう。

挨拶の順番や座り方

結納に比べて両家顔合わせはカジュアルですが、最低限のマナーは知っておきましょう。両家顔合わせの場合はエントランスなどで待ち合わせてから入室します。

席順は事前にお店に伝えておくと、当日お店のスタッフが案内してくれることもあるでしょう。一般的には入り口から1番遠い上座に男性側の家族、上座から順に父・母・本人と座るのが基本ですが、リラックスして会話を楽しめるような席順にするのがベストです。

空気づくりにこだわる

空気を和ます話題を選んで、両家が仲良くなるきっかけをつくりましょう。前述したようにセンシティブな話題は避け、お互いに興味を持ちやすい、親近感のわく話題を選ぶのがコツです。話題に困ったときは「きどにたてかけし衣食住」を覚えておくといいでしょう。「き」は気候、「ど」は道楽、「に」はニュース、「た」は旅、「て」はテレビ、「か」は家庭、「け」は健康、「し」は仕事、衣食住はそのままの意味です。

お会計はスマートに

会がお開きになった後すぐに会場を出ることができるように、会計は適度なタイミングで完了させておきましょう。両家共に支払うと事前に決めていても、状況を見て判断することも大切です。締めの挨拶は男性、もしくは男性側の父がおこなうのが通例なので、その前に支払いが完了しているといいでしょう。

事前に立て替え払いができれば最もスマートに進められます。

両家顔合わせもリモートの時代?注意点は

両家顔合わせもリモートの時代?注意点は

近年はオンラインでの結婚式も増えてきているので、両家顔合わせもリモートでおこなうというところも少なくないようです。両家顔合わせも結婚式と同じく伝統的な儀式であり、リモートでおこなうという発想はなかなかないかもしれませんが、オンラインならではのメリットや課題があります。リモートで両家顔合わせをおこなう上での注意点とメリットをまとめました。

通信環境の確認

リモートはどこにいてもつながれるため両家顔合わせをおこなううえでメリットですが、両親がネットに不慣れだと操作に戸惑ってしまうことも想定されます。

ネットに慣れている両親であっても、両家が親交を深める貴重な機会に、音声が聞こえにくくなったり、オンラインからいなくなってしまったりといった事態は避けたいところです。

リモートで両家顔合わせをおこなうのであれば、事前に通信環境のテストをするなどしっかり準備したうえで臨みましょう。

リモートだからこそできる工夫

特に大人数で集まることや遠方への移動がしにくい近年では、それを理由に両家顔合わせを先延ばしにしたくない、という思いからリモートで両家顔合わせをおこなう家庭も増えてきました。

リモートだからこそできる工夫としては、同じ銘柄の飲み物や料理を用意する、新郎新婦が司会進行役を務めることで参加者が発言しやすくすることがあげられます。

新居の様子を画面に映して、オンライン新居ツアーをしても盛り上がるでしょう。どんな状況下においても工夫次第で両家顔合わせをおこなうことができる新郎新婦の姿を見て、両家のご両親も心強く感じるかもしれません。

「2人で結婚式」のオンライン相談も活用してみて

「2人で結婚式」のオンライン相談も活用してみて

両家顔合わせの流れについてまとめました。基本的な流れは挨拶・婚約記念品の交換・歓談・締めの挨拶となります。

近年はリモートも取り入れられるようになり、両家顔合わせもかなりカジュアルになってきていますが、細かなところの気遣いなど重要な部分は押さえておきましょう。

「2人で結婚式」ではオンライン相談も受け付けているので、ぜひ活用してみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.