お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

結婚式の引き出物相場はどのくらい?選び方や喜ばれる引き出物3選

結婚式に出席してくれた参列者に贈る引き出物。

結婚式に出席する参列者も新郎新婦から贈られる引き出物を楽しみにしている人も多いです。

ただ、引き出物の金額設定をどのくらいにすればいいか悩む人もいる。

そこで今回は、引き出物の金額設定や喜ばれるアイテムをご紹介します。

引き出物の金額設定に迷っているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

引き出物相場はどのくらい?

結婚式の引き出物は、記念品と引き菓子を合わせて2~3品用意することが一般的です。

参列者1人あたりにかける金額を決めるときは、一般的に披露宴で出す飲食費の3分の1といわれています。

例えば、披露宴の料理と飲み物に1人あたり1万2,000円の金額を設定するなら、引き出物は4,000円程度にするのが相場です。

ただ近年は贈る相手との関係性によって引き出物の金額を変えることも多くなっています。

ここからは、新郎新婦との関係性に合わせた金額相場を確認していきましょう。

親族やいとこの場合

親族やいとこに贈る引き出物の金額相場は、5,000円~12,000円です。

親族やいとこは結婚したあともお付き合いは長く続くので、ほかの参列者に比べて高めの金額に設定されています。

また、頻繁に会う機会はなくても入学や卒業祝い、出産祝いなど両親を通して小さい頃からお世話になっていることもあるでしょう。

お世話になった親族やいとこへの感謝やお礼の意味も込めて、引き出物の金額も高めに設定する新郎新婦も多いです。

友人や同僚の場合

友人や同僚は新郎新婦と対等な立場なので、ほかの参列者と比べると金額は低めに設定されていることがほとんどです。

友人や同僚への引き出物の金額設定は3,000円~7,000円ほどで、それぞれの参列者に合わせた品物を選びます。

ただし対等な関係とはいえ、引き出物が安いと参列者をがっかりさせてしまうこともあるかもしれません。

もし友人や同僚の好みを把握しているなら、金額設定内でできる限り喜ばれるものを選ぶことをおすすめします。

上司や取引先の場合

普段仕事でお世話になっている上司や取引先など目上の参列者には、対等な立場である友人や同僚よりも高めの金額設定にするのが好ましいです。

特に目上の人には高額のご祝儀をいただくことも多いので、それに見合った引き出物を用意するという意味もあります。

また、披露宴では主賓や乾杯の挨拶をお願いする場合もあるため、お礼をかねて高額な引き出物を贈る新郎新婦も多いです。

夫婦や家族の参列者の場合

披露宴に夫婦や家族で出席してくれる参列者には、基本的に家族単位でまとめて引き出物を贈るのが一般的です。

夫婦や家族の参列者に贈る引き出物の金額相場は、5,000円~10,000円ほどで単身参列者の1.5倍程度を上乗せした金額のものを用意しましょう。

ただ引き出物をまとめて贈るのではなく、1人に1つずつ品物を用意しても問題ありません。

夫婦や家族でそれぞれお世話になっている場合は、1人ずつ引き出物を用意すると感謝もより深く伝えられます。

この場合は、単身の参列者と同じ金額設定にしましょう。

押さえておきたい引き出物の選び方4つ

参列者それぞれに贈る引き出物の金額設定が決まったら、次は品物を選びます。

しかし、結婚式の引き出物にどのような品物を選べばいいか分からない人もいるでしょう。

実は結婚式に相応しくない引き出物もあります。

引き出物を選ぶときに押さえておきたいポイントは、以下のとおりです。

・引き出物の品数は奇数にする

・万人受けしないものは選ばない

・縁起が悪い品物は避ける

・参列者に合わせた贈り分け

それぞれのポイントを確認していきましょう。

1.引き出物の品数は奇数にする

結婚式では、「別れる」や「割れる」など負のイメージを連想させる数字は相応しくないといわれています。

例えば、結婚式におけるご祝儀も割り切れる偶数ではなく、3万円や5万円など奇数の金額を包むのが基本的なマナーです。

引き出物も奇数にまとめて贈るのが好ましいといわれていますが、正式なマナーとして決められているわけではありません。

しかし、年配の参列者が多く出席する場合は、品物の数を気にすることもあるので奇数にまとめて贈るのがいいでしょう。

2.万人受けしないものは選ばない

新郎新婦の好みや趣味だけで引き出物を選ぶのは、避けたほうがいいでしょう。

新郎新婦の趣味に偏った個性的な品物は、参列者にとっては迷惑に感じることもあります。

例えば、新郎新婦の写真入りマグカップや名前入りグラスなども置き場所に困る品物です。

結婚式には幅広い世代の人が参列するため、一般的に万人受けしないような品物を選ぶのは避けましょう。

3.縁起が悪い品物は避ける

結婚式のような祝いの席では、縁起が悪いとされる品物は避けましょう。

結婚式の引き出物で避けたほうがいい品物は、刃物や重箱などがあります。

例えば、包丁やハサミなど「切れる」を連想させる刃物は、縁起が悪いとされるので引き出物としてはNGです。

重箱は、箱が重なっていることから再婚をイメージさせます。

重箱は幸せが重なるという良い意味にも取れるという意見もありますが、受け取る相手によって解釈はさまざまです。

幅広い世代が出席する結婚式では避けましょう。

4.参列者に合わせた贈り分けが人気

従来は、引き出物は結婚式の記念品としてすべての参列者に同じものを贈るのが一般的でした。

ただ参列者によっていただくご祝儀も異なるため、近年では贈る相手によって品物を変える「贈り分け」をする新郎新婦が増えています。

ただし、引き出物を贈る際に参列者によって明らかに見た目の差があるのは気持ちの良いものではありません。

贈り分けをする場合は、同じサイズの紙袋に収まる品物を選ぶなど配慮するようにしましょう。

参列者に喜ばれる定番の引き出物3選

結婚式に贈る引き出物は、参列者に喜ばれる品物を選びたいと考える新郎新婦も多いです。

しかし、引き出物でどのような品物を選べばいいか分からない人もいるでしょう。

参列者に喜ばれる定番の引き出物は、以下のとおりです。

・参列者が引き出物を選べる「カタログ」

・日々の生活で困らない「バス用品」

・女性に喜ばれる引き出物は「食器類」

それぞれの特徴を確認していきましょう。

1.参列者が引き出物を選べる「カタログ」

結婚式の引き出物として好まれているのは、カタログギフトです。

カタログギフトは、食べ物や生活雑貨、家電などさまざまな種類から自分の好みに合わせて選べるので、参列者にも喜ばれる引き出物として人気があります。

なかには、2000点を超える商品が掲載されるカタログもあり、参列者には膨大なアイテムの中から選ぶ楽しさを味わってもらえるでしょう。

 

2.日々の生活で困らない「バス用品」

タオルやバスソープなど日常生活で欠かせないバス用品も参列者に喜ばれる引き出物です。

特に家族で住んでいる場合は、毎日複数枚のタオルを使用するので何枚あっても助かると感じる人も少なくありません。

特に、普段は買わないであろう高品質の素材を用いたタオルを贈れば、参列者も喜んでくれるはずです。

タオルとバスソープをセットにして贈るのもいいでしょう。

 

3.女性に喜ばれる引き出物は「食器類」

定番の引き出物として人気の高いおしゃれな食器類もおすすめです。

食器はさまざまな種類があるので好みが分かれますが、普段は買わないような高級食器を贈れば参列者にも喜ばれます。

ただし、食器を選ぶ際は多くの人から好まれるシンプルなデザインを選びましょう。

お皿やグラスはもちろんのこと、持ち帰りやすいカトラリーも最適です。

まとめ:引き出物相場を把握して失礼のない金額設定を!

結婚式に出席してくれた参列者に感謝とお礼の気持ちを込めて贈れる引き出物。

従来であればすべての参列者に同じ引き出物を贈るのが一般的でしたが、ご祝儀の金額は参列者によって異なるので「贈り分け」が主流です。

ただ一方で、参列者それぞれに合わせた引き出物を準備するには多くの時間がかかります。

披露宴を行わない2人で結婚式なら、引き出物の用意は必要ありません。

もし結婚式の引き出物に関する悩みを抱えているなら、まずは2人で結婚式が実施する無料相談会に参加しましょう。

 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.