お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

オンライン結婚式の実態は?メリットや実例・注意点を紹介

コロナ禍で人が集まりにくくなったものの、結婚式は盛大にお祝いしたいという想いから、オンライン結婚式をする人が増えてきました。

オンラインでの結婚式を検討する上で、実際にオンライン結婚式に参加した人の感想や、オンラインで結婚式をしてみて感じたメリットやデメリットについて知っておきたいですよね。

この記事では、オンライン結婚式のやり方や開催のコツ、メリットや注意点についてまとめました。

 

オンライン結婚式のやり方

オンライン結婚式を開催するために必要な手順を3ステップにまとめました。挙式や披露宴は通常と同じですが、オンラインのほうが自由度は高くなるので、基本的な流れなどはすべて自分たちで考えましょう。

「ゲストに何を伝えたいのか」を決める

オンライン結婚式では、「ゲストに何を伝えたいのか」という目的を決めることがカギとなります。式の主役はあくまでも結婚する2人ですが、通常会場で参加していれば主役もゲストも一緒になって盛り上がれます。しかしオンラインでは画面で顔は見れても臨場感に欠けてしまうため、主役の2人が楽しいだけではゲストもお祝いに参加する意味がなくなってしまうでしょう。

たとえば「コロナが落ち着いたらリアル会場での挙式をリベンジする」「子どもが生まれたので会場での挙式ができない代わりにオンラインで開催する」といった、オンラインでもいいからやりたいという想いが伝わる目的だと、ゲストも応援したくなるでしょう。

プログラムを考える

式の目的を決めたら、全体のプログラムを考えましょう。誓いの言葉や指輪の交換、ケーキ入刀などをゲスト全員に見えるようにするプログラムや、ゲストも楽しめるようフリートークを交えたプログラムなどを考える人が多いようです。従来の結婚式に寄せた内容にしたりオリジナリティを持たせる内容にしたり、自由に考えてみましょう。

リハーサルをする

オンライン結婚式は通常の結婚式と勝手が異なるため、十分にリハーサルをしてから行うのがおすすめです。通信環境や画面の映り方、明るさやBGMの大きさといった視覚的・聴覚的な部分は特に念入りにチェックしましょう。ちょっとしたノイズが参加するゲストの負担になってしまうこともあります。また式の進行なども妙な間が空いてしらけるなどしないようにしましょう。

実例あり!オンライン結婚式のメリット

オンライン結婚式にはどのようなメリットがあるのか、実際に参加した人の声をもとにまとめました。

遠方でも参加できた

オンライン結婚式にすることで、遠方でも参加できてよかったという声が上がっています。会場での結婚式の場合、遠方だとせっかく招待してもらっても参加しにくいということもあります。小さな子どもを抱えたゲストや高齢の親戚なども、遠距離移動がしにくいため敬遠してしまう傾向にあるでしょう。オンラインであれば場所を選ばず参加できるので、場合によっては海外からも参加可能になります。

リラックスして参加できた

オンライン参加にすることで、かえってリラックスして参加できたという声も少なくありません。全身を見られるわけではないため、服装にそれほど気をつかわずに参加でき、ヘアセットやドレスにもさほどお金をかけずに済みます。小さな子どもがいる家庭だと、子どもが式場で騒ぐのを気にして参加を見送るという人もいますが、オンラインであれば子どもが騒いだらミュートにすればいいだけなので気軽に参加しやすくなるようです。

通常の結婚式ではできない演出もできた

オンラインならではの演出で楽しめた、という声も見られました。オンライン結婚式では通常の結婚式のようにゲストと食事を共にすることができないため、宅配サービスなどを利用してゲストの自宅に料理を届けるようにするなどの工夫ができます。ブレイクアウトルームをつくってゲストとの歓談やゲームを楽しむことができるでしょう。通常の結婚式とは異なる体験に、ゲストも楽しみながら参加できるというメリットは大きいようです。

オンライン結婚式の注意点

オンライン結婚式を開催するうえでの注意点をまとめました。通常の結婚式とは異なるため、最高の時間にするためには細心の注意も必要です。

一体感や臨場感を持たせる

重要なのは、参加者全員が一緒の会場にいるような一体感や臨場感を持たせることです。画面越しだとどうしてもふとした瞬間に置いてけぼりになってしまう可能性があります。新郎新婦だけが楽しんでしまったり、特定のゲストとばかり会話したりしていると、温度差が生まれてしまうでしょう。そうした事態を防ぐために乾杯を同じタイミングでするようにしたり、新郎新婦のスクショタイムを設けたりと、画面の向こうのゲストも一緒に動くタイミングをつくるのがコツです。

通信環境・見せ方に注意

オンライン結婚式では特に、通信環境には充分に注意しましょう。参加するゲスト側の通信環境が整っていることも大事ですが、何より開催する側の通信環境が悪くて画面や音声が途切れてしまったり、うっかり退出してしまったりすると一気にしらけてしまいます。また、見せ方にも気を配りましょう。せっかくのケーキ入刀が画面から見切れてしまっているなどのトラブルは、見ている側からすれば歯がゆい気持ちになります。どんなに準備をしても当日にトラブルはつきものなので、事前に入念なリハーサルをして不測の事態にも備えられるようにしておくといいでしょう。

配送サービスを活用する

会場参加と異なり料理やドリンクを共有しにくいオンライン結婚式では、配送サービスなどを活用してみましょう。各々セルフで用意するのでもいいですが、距離が離れていても同じ料理やドリンクを楽しめると一体感が得られます。配送してもらったゲストも嬉しくなるでしょう。

「2人で結婚式」なら相談・準備もオンライン

オンラインでの結婚式はまだ抵抗があるけれど、なるべく人との接触は避けたいという2人には、「2人で結婚式」がおすすめです。「2人で結婚式」なら少人数での挙式プランもあり、相談や準備をオンラインで完結できます。

オンライン相談会で気軽に相談

「2人で結婚式」は気軽に相談できるオンライン相談会があります。ほとんどのカップルにとって結婚式は初めてであり、それも少人数の結婚式となると何をどこまで準備したらいいのかわからないかもしれません。どのような式にしたいのかを事前にオンラインで相談してみましょう。

準備に時間がかからない

結婚式でも式場を使うとなると、会場の予約や細かい打ち合わせなどが必要になります。実際に会場に足を運ぶとなると時間がかかる上に、人と接触する機会も増えるでしょう。「2人で結婚式」は式場の仮予約からすべてをオンラインで完結できるため、結婚準備にそれほど時間がかからず、人と接触する機会を少なくできるというメリットがあります。

身内もゲストも嬉しいオンライン結婚式に

オンライン結婚式のメリットや注意点について、実例をもとにまとめました。ゲストの参加しやすさや演出へのこだわりなど、オンライン開催だからこそ得られるメリットがたくさんあります。新郎新婦の工夫次第でゲストにも身内にも喜ばれる結婚式にすることもできるでしょう。

オンライン結婚式とまではいかなくても、人と接触する機会を極力少なくしたいのであれば、「2人で結婚式」のオンライン相談会で相談してみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.