お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

【結婚式準備ノウハウ】結婚式の準備はいつから始めるべき?

結婚式準備ノウハウ

結婚式当日までにはたくさんの準備が必要ですが、どのくらいの時間が必要なのか、いつから準備を始めたらいいのかわからない方も多いと思います。

この記事では、結婚式の準備の流れとスケジュールについてまとめました。これから準備を始める方は参考にしてみてくださいね。

結婚式の準備リストをチェック!

結婚式の準備リストをチェック!

結婚式の準備には、両家顔合わせや指輪の手配、式場の予約やゲストの招待など、やることが山のようにあります。何から始めたらいいかわからない、とバタバタしてしまわないように、何を準備するべきなのか全体的な流れを知っておきましょう。

何をするべきかがすっきりすれば、結婚式の準備のスケジュールを立てることができます。

日程を決める

最初にすべきことは、結婚式の日程を決めることです。何をするにもゴールを決めておくことで、やる内容や順番、スケジュールが定まります。

特に結婚式の日程は両親やゲストなど多くの人のスケジュールをおさえることにもつながるため、早めに確定させてお知らせする必要があるでしょう。

結婚式の日程が決まれば、両家顔合わせの日程も決める必要があります。両家顔合わせの場で結婚式の日程を伝えましょう。

また、結婚式が決まった時点で結婚指輪の購入も進めておくのが理想的です。結婚指輪はお店にあるモデルをそのまま購入すれば時間はかかりませんが、指のサイズに合わせたりデザインを工夫したり、お互いの名前を刻印したりすれば手元に届くまでに数か月~半年かかる可能性もあるでしょう。結婚式当日の指輪交換のときに結婚指輪がない、という事態は避けたいものです。

必要なものを手配する

結婚式の日程が決まったら、必要なものを手配しなければなりません。二次会をおこなう予定であれば二次会会場も押さえる必要があり、そうなるとお色直し用のドレスも必要になります。

結婚式に招待するゲストのリストや、二次会から参加するゲストのリストも作成し、早めに招待状を送付する必要もあるでしょう。

出席者を確定することで当日の料理や引き出物を注文する数も決まります。ものによっては結婚式当日までにあまり日がない状態で手配をしてしまうと間に合わなくなってしまうこともあります。

内容や数量の変更で、タイミングが遅すぎたためにキャンセル料がかかってしまうこともあるでしょう。必要なものをリストアップし、それぞれ余裕をもって手配のスケジュールを組むことが重要です。

最終確認を念入りに

すべての手配が滞りなく完了したら、最終確認は念入りにおこないましょう。せっかくの晴れの舞台ですから、結婚式当日のミスがないようにしたいものです。場合によってはこれまでおこなってきた準備が水の泡になってしまう可能性もあるので、チェックリストをつくるなどして、最終確認はやりすぎるくらい念入りにしておきましょう。

結婚式の準備はいつからが理想?

結婚式の準備はいつからが理想?

結婚式の準備を滞りなく進めるには、準備の内容や順番も大切ですが、準備のタイミングもかなり重要になってきます。

準備すべきことをリストアップしたときに、どの準備にどれくらいの時間が必要なのか、結婚式の準備はいつから始めるのが理想的なのか、を知っておきたいですよね。一般的な準備期間の目安についてまとめました。

準備期間の平均は6か月〜1年

あるアンケート調査によると、結婚式の準備にかかる期間の平均は6ヶ月〜1年ほどの夫婦が多いようです。準備期間が6ヶ月だったと回答した方の多くは、6ヶ月でも特に短く感じたこともなく、結婚式の準備をするにはちょうど良い長さだったという感想が多くなりました。ゲストに招待状を送るタイミングとしても、ゲストも予定を押さえやすいため6ヶ月前が適しているようです。

準備期間別!スケジュールと体感は?

結婚式の準備期間の長さ別に、どんなスケジュールを組むのか具体的な一例と、体感についてまとめました。結婚式の規模の大きさやプログラムの内容によっても準備期間は異なりますし、こだわりの会場があるかないかでも変わってきます。どんな結婚式にしたいのかをおイメージしながら、結婚式の準備をするときに参考にしてみてください。

1年前からの場合

前述したように準備期間を1年設けた夫婦は、余裕を持ってスケジュールを調整できたといいます。多くの場合、希望通りの日程を抑えやすい傾向にありました。

特に人気の式場は予約がすぐ埋まってしまうため、1年前から準備を始めていれば予約を取りやすい傾向にあります。確実に予約をとりたいのであれば1年前には準備を始めると良さそうです。

9か月前からの場合

9ヶ月前から準備したときの場合は1年前から準備したときと同様、ゆっくりと十分に準備できたという声が大半でした。しかし一方で、期間が長すぎて決めるのに迷ってしまった、という声もちらほら見られます。

時間がありすぎて気持ちがマンネリしてしまった方もいるようなので、週に1回は準備時間がとれるという場合はもう少し期間を早めてみてもいいかもしれません。

半年前からの場合

半年前、つまり6か月前から準備をしていたという夫婦は、前述したように適度な準備期間だったという声が多いようです。

両家の顔合わせはもちろんのこと、招待するゲストを決めて招待状を送るのも挙式の半年前くらいにすることが多いので、結婚式に必要な準備をおこなうのに遅すぎず早すぎることもない時期といえるでしょう。

3か月前からの場合

結婚式の準備期間として最短といえるのが3か月前です。運よく希望の結婚式場が空いてさえいれば、きちんと段取りを組めば十分間に合わせることができます。特に親族のみの挙式や小規模の挙式であれば、準備が3か月前でも実現できるでしょう。

しかし、ゲストを呼ぶときは若干急な印象を与えるので、招待するときは事前に電話したり会ったりしてしっかりとコミュニケーションをとることが大切です。

「2人で結婚式」なら結婚式準備が短期間で可能

「2人で結婚式」なら結婚式準備が短期間で可能

結婚式に必要な準備のリストはできたけれど、結婚式まであまり日がない、または結婚式の準備にあまり時間をかけたくない、という方もいるでしょう。

近年は小規模な結婚式も増え、結婚式の準備も式の規模の大きさによって異なります。結婚式の準備をなるべく少なくしたいのであれば、2人だけの結婚式をコンセプトとしたサービス「2人で結婚式」がおすすめです。

オンラインで準備が完結

「2人で結婚式」の特徴は、オンラインのみで準備を完了させることができる点です。結婚式の仮予約を入れたら、あとは担当スタッフとオンラインで打ち合わせをすることができるため、実際に会場に出向いたりする時間的ロスを防ぐことにつながるでしょう。

定期的にオンラインの会場見学もおこなっているので、いくつもの会場をまわって決める必要がありません。ドレスの試着は実際に出向く必要がありますが、どうしても遠い場合は近隣の店舗で試着することも可能です。

選ぶだけのシンプルなプラン

通常の結婚式では、式場の段取りはもちろんドレスや食事など選ぶものがたくさんあり、それを決めるのにも時間がかかってしまいます。時には準備に時間がかかってしまうだけでなく、追加料金も発生して予算をオーバーしてしまうということもあるようです。

「2人で結婚式」はシンプルなプランが用意されており、プランを選ぶだけで結婚式の準備ができます。結婚式に必要な準備がそろっているので準備の段階でミスする可能性が少なく、内容に迷ってしまうこともないでしょう。また料金は最初に決まった料金以外、追加料金を支払うこともありません。

結婚式の準備をスムーズにしたい、という方は、「2人で結婚式」を活用してシンプルな結婚式を目指すといいでしょう。

準備を整えて理想の結婚式にしよう

準備を整えて理想の結婚式にしよう

結婚式の準備内容や期間についてまとめました。

両家の顔合わせやゲストの招待、式場選びやドレス選びなど、結婚式の準備はやることが盛りだくさんです。挙式の日程が決まったら、そこから逆算してやるべきことをリストアップして、スケジューリングして準備を進めていきましょう。

迷ったら「2人で結婚式」のオンライン相談会も活用してみてくださいね。

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.