お役立ちコンテンツ・登録お役立ちコンテンツ・登録

Contentsおすすめコンテンツ

これで完璧!結婚準備って何をすればいい?手順とマニュアルを大公開

結婚が決まって結婚式の準備を始めたいものの、何からはじめたらいいのかわからないと頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。結婚式当日はもちろんのこと、結婚を決めた2人には式の当日までにやるべきことが山積みです。しかし順を追って対応していけば、2人で色々決める過程も楽しく、結婚式当日が楽しみになるでしょう。

この記事では、結婚準備の手順とマニュアルをご紹介します。結婚準備を進めるときの参考にしてみてくださいね。

結婚準備は何をすればいい?

はじめに結婚準備の大まかな流れを確認しておきましょう。全体の流れを掴んでおけば次に何をすべきかもわかり、後々のことを考えてスムーズな準備を進められます。

プロポーズから入籍まで

プロポーズをされて結婚することが決まったら、まずは両親や知人にきちんと報告しましょう。入籍の前には結納や両家顔合わせの機会もあるため、お互いの実家に挨拶がまだならこの時に済ませておきます。

プロポーズの段階で婚約指輪を渡している場合は、両親への挨拶前に購入しているかもしれませんが、人によってはプロポーズの後、結納の際の結納品・婚約記念品として指輪を買う人もいます。また、婚約指輪は購入せずに結婚指輪にお金をかけたいという人もいるでしょう。指輪に関する相談もこの頃に2人の間で済ませておきたいところです。

結婚式の前に結納を行うのが通常の流れですが、近年は両家の顔合わせのみ、食事会で簡潔にすることも増えてきました。正式な結納という形にするか、カジュアルな食事会にするか、いずれにせよ両家の仲を深める重要な機会なので、2人だけでなく両家でよく相談して決めましょう。

結婚式当日まで

結納または両家の顔合わせが済んだら、いよいよ式の準備に取りかかります。最も重要なのは挙式の日取りを決めることです。式を挙げない場合でも、入籍する日は決めておくといいでしょう。結婚式、入籍する日の決め方は人それぞれですが、自分たちの付き合い始めた記念日や両親の結婚記念日に合わせるという人もいます。

式の日取りが決まったら式場を探します。2人でどんな結婚式にしたいのか、イメージをすり合わせながら決めていきましょう。式場の予約は挙式の半年前には完了させておくのがベストです。結婚指輪の購入がまだであれば、早めに準備しておきます。結婚指輪はジュエリーショップでその場で購入することもできますが、刻印したりデザインにこだわったりすると発注から1〜2ヶ月かかることもあるため、余裕を持って購入を決めることが肝心です。

挙式の6〜3ヶ月前くらいになると、決めることも増えてくるでしょう。当日の式の流れや演出、衣装を決めたり、ゲストへ招待状を送ったりするのはこのあたりで完了させておくのがベストです。親しい人への結婚報告は、挙式の4〜3ヶ月前には済ませておくといいでしょう。やることがたくさんあるからこそ、スケジュールを組んでしっかりと取り組む必要があります。

結婚式の1〜3ヶ月前には、当日の料理や披露宴のプログラム、引き出物の手配などを進めます。この辺りになると結婚式の準備も大詰めです。挙式の準備があらかた落ち着いたら、新居やハネムーンの準備も進めておくといいでしょう。

 

結婚準備金はどれくらい必要?

これだけの準備があると、結婚準備にどれくらいのお金が必要になるのか不安になるかもしれません。式の規模やクオリティにも左右されますが、総費用として435万円を1つの目安としておくといいでしょう。最も費用がかかるのがやはり結婚式場の予約です。衣装代や食事代、演出代なども考慮すると、310万円が平均と言われています。

他に両家顔合わせの食事会はそれぞれ5万円程度、婚約指輪や結婚指輪も近年は50万円以内で済ませる人が多いようです。必要なところにはしっかりお金を使って、満足のいく結婚にしたいですね。

式なしの場合、結婚準備は何が必要?

近年では結婚式は行わず、入籍のみで十分というカップルも少なくありません。式なしの場合、結婚準備には何が必要なのでしょうか。

両家の顔合わせ

結婚式を挙げない場合でも、両家の顔合わせは行っておきましょう。式を挙げない代わりに伝統的な結納を行ってもいいですし、シンプルな食事会に止めておいてもいいです。結婚は2人だけのものではなく、今後両家は長い人生を共にしていくことになるので、両家の交流を深める顔合わせはどんな形であれ必ず行いましょう。

知人友人への結婚報告

入籍することだけは知人友人に報告しておきましょう。親しい人のお祝い事は誰だって嬉しいものです。結婚式を挙げない分、伝えるタイミングは自由に選べます。入籍前の報告を選んでも、新居へ引っ越してから結婚報告でも良いでしょう。転居後であれば引っ越し先を同時に伝えることもできるでしょう。

小規模の挙式と食事会もおすすめ

大々的に結婚式を挙げる気はなくても、2人きりの小規模な挙式や少人数での食事会を開催するという方法もあります。2人きりでシンプルに挙式したいという人や、身内だけでコンパクトにお祝いしたいという人は少なくありません。結婚する2人で相談して、自分たちにあった方法を選んでみましょう。

結婚準備がオンラインでできる!2人で結婚式

挙式・入籍までの結婚準備期間は気持ちが弾む一方、何度も式場に足を運ぶなど何かと時間を取られることも多く、せっかくの楽しい準備も億劫になってしまうかもしれません。

「2人で結婚式」なら、結婚準備も全てオンラインで行えます。

申し込みから当日までオンライン

「2人で結婚式」は、最初の申し込みから式の当日までをオンラインで行うことができます。式場の仮予約はもちろんのこと、ドレスの試着も来店なしで可能です。オンラインで個別の相談会が実施されているので、気になることもオンラインで全て解決できるでしょう。

実際に式場に行って打ち合わせをすると、気づくと話が長くなってしまったり即決営業をかけられてしまったりして、予定より長く滞在してしまうこともあります。結婚式の準備にあまり時間をかけられない、という人にはピッタリのサービスといえるでしょう。

結婚準備金が事前にわかる

「2人で結婚式」のプランは、事前に金額が決まっています。結婚準備を進めていくと、当初は予定していなかったオプションがつくなど、結婚準備金を用意していたのに結果的に予算をオーバーしてしまったということも少なくありません。「2人で結婚式」のプランはサイト上で購入するため、追加金額がかからず強引な営業を受けることもないのが強みです。事前に結婚準備金を用意しやすくなるでしょう。

シンプルながらもハイクオリティ

「2人で結婚式」に掲載されている会場は、シンプルながらもクオリティの高い会場が揃っています。価格は抑えたいものの人生に一度の大切な挙式ですから、質の高いものにしたいという人も多いでしょう。「2人で結婚式」ならリーズナブルな価格でハイクオリティな会場での挙式を実現できます。

入念な結婚準備で最高の新婚生活のスタートを

結婚準備の流れと手順をご紹介しました。結婚式を挙げる場合と挙げない場合とでは両家の顔合わせや指輪の購入、知人友人への報告といった基本的な部分は変わりませんが、結婚式を挙げる場合には長期的な準備が必要になります。

結婚式は挙げたいけれど準備する時間がない、コストを抑えたいという人は、是非「2人で結婚式」の利用を検討してみてくださいね。

 

各店舗へはこちらから

©2021 Simple wedding.